けいこの雑記帳

花や鳥 そして人との出会いに 心ときめきたい 

坂戸山(六日町)634m 2018.4.17

イワウチワを見たくて新潟県六日町市にある坂戸山へやってきました。
天気予報は曇り。それでもちょっと青空がのぞき、八海山を見ることができました。

IMG_0598_20180418201829576.jpg

この山へ来たのは8年前の5月3日、今回は2度目です。
そのときより2週間も早いのに花はまっさかり。
写真を撮っていると、なかなか先へ進めませんでした。


続きを読む>>

スポンサーサイト

大相撲高崎場所 2018.4.15

IMG_0370.jpg 

力士の名前も顔も知しらない私が、いとこのお供で行ってきました。


続きを読む>>

4月!英会話にチャレンジ 2018.4.9

4月。NHKラジオの語学番組が一斉に新スタートします。
英会話を勉強し直すには絶好のチャンスです。
ちゃんと勉強しなくては、そして一番大事なのは文法だ、と気づいて大西泰斗先生の「一億人の英文法」という本を買ったことがあります。しかし余りにも分厚い本で(難しくて)完読することはできませんでした。
4月スタートの語学講座を調べてみると「ラジオ英会話」の講師が大西泰斗先生に変わったようです。
そして決心しました。ラジオ英会話を聞こう!と。
分厚い本は全部読めなかった(理解できなかった)けれど、毎日15分ラジオを聞くことはできそうです。読むより説明してもらったほうが理解力も高まるかな、と密かに期待しています。


4.13追記(失敗談)

続きを読む>>

ピアノ調律 2018.4.9


ピアノの中はこんなに複雑です。

IMG_0185.jpg




今回の調律でとっても弾きやすくなりました。
ちょっと説明しずらいけれど、鍵盤を押すのが楽になった感じです。
ペダルがぎゅうぎゅう鳴くのがなくなったようでも。
調律師さんは音を正確に合わせるだけでなく、ピアノ全体のメンテナンスをしてくれる人だったのです。

IMG_0184.jpg 




スマホを新しくしました 2018.3.22

いちじんさんのスマホが壊れ、二人揃って新しいのを購入。
同じ機種を5年も使っているとはドコモショプのお姉さんも驚いていました。
ラインのグループが消えないか心配でしたが、古い機種が生きているのでセーフ。
古い機種でラインを次の手順でやってみました。
(1)メールアドレス登録 
(2)アカウント引き継ぎ設定 
(3)必要に応じてトーク履歴をバックアップ

デジカメとスマホをWIFIで繋げるのも、とっと手間取ったけれど何とかOK。
結構、使っているアプリの多いこと。
少しずつインストールしてだんだん思うようなスマホになってきました。


ブナの会・ランチ会 2018.3.15

月に一度、我が家に「ブナの会」のメンバーが集まります。
午後のひととき、コーヒーを飲みながらお喋りする、ただそれだけです。
そんな会も今月は53回目。
たまには外でランチ会を、とイタリアンレストランに7人集がまりました。

まずはサラダから。
食用菊の花びらが散らしてあり、なの花の雰囲気です。
フォカッチャとグリッシーニもついています。
(手作りフォカッチャが何とも美味しいこと)

IMG_0617.jpg



続きを読む>>

万歩計「平成の伊能忠敬」2018.3.8

 

「平成の伊能忠敬」を友とし、東京を出発して日本一周を目指しています。
 一年経って1399km・347時間・2,330,000歩、岩手まで119kmの所へやってきました。
一日2,000歩だったり、10,000歩だったり。平均して6,300歩、どこへ行くにも忠敬と一緒です。

忠敬はときどき私に言葉をかけてくれます。
一日に10,000歩でヨクヤッタ、15,000歩でアッパレ、20,000歩でムリハキンモツ 

今まで何度もウォーキングを初めては挫折!を繰り返していました。
忠敬のお蔭で今では楽しく歩けるようになりました。
日本一周まであと9年、それまで元気でいなくては♪



インフルエンザに 2017.12.21

12日に上海から帰ってきて風邪をひいてしまいました。といっても熱はなく鼻が出てムズムズするくらいです。21日になって微熱と咳がでてきたのでまた咳支喘息と不安に。それでもブナの会を予定通り行いました。終わってからだるくて横になっていましたが咳で苦しむのはいやだと病院に行きました。
熱をはかると37・8度。看護師さんがインフルエンザの疑いがありますね。今、急に増えているんですよ、と言ってインフル検査。結果はまさかの陽性。B型でした。タミフルではなくイナビルという口から吸うお薬を薬局で薬剤師さんに教えてもらいながら吸引。熱が下がっても5日間は感染力があるというのでその期間外出禁止。23日の夜に予定していたクリスマス会は延期となりました。



昇仙峡の紅葉が見頃 2017.11.13

23559810_1536273363132896_6355414432514252187_n.jpg 


続きを読む>>

フレンチ食堂シュエット 2017.4.21

フランス料理店

♡フレンチ食堂との不思議な出会い♡

いつもウォーキングをしているのは井野川沿いです。

でも、きのうは住宅街を歩きたくなりました。ましてや夫を誘って。
15分くらい歩くと「このチーズ屋さん、来たことあるよね」と夫。

私はその隣の小さなお店が気になりました。

店の前には駐車場があり、ドアの方へ歩いていきました。

するとお店の女性が出てきて、フランス料理のお店だと分かりました。

家に帰り、もらったチラシ、Facebookやブログを見てどんどん興味が膨らみました。

そして今日、その店のドアを開けたのです。


無垢のテーブルがあたたく迎えてくれました。

オープンキッチンにいるシェフの姿が見え、私たちのために料理をしてくれているんだ、というのがうれしく伝わっていました。
「派手ではないけれど、滋味あふれる一皿」を美味しくいただきました。




南アルプス邑野鳥公園(山梨県早川町)

IMG_3058.jpg
南アルプス邑野鳥公園にドーモ君がやってきました。


ヘルシー美里をチェックアウトしたあと、南アルプス邑野鳥公園に行ってみました。

続きを読む>>

シカの赤ちゃん(山梨県早川町)

IMG_2910.jpg

林道の斜面にシカの親子連れがいました。
お母さんジカはサッと逃げましたが、小鹿はうずくまったままです。
体が弱っているのか生まれたばかりなのか、意識がもうろうとしているように見えました。






続きを読む>>

赤沢宿(山梨県早川町)

IMG_2980.jpg

山梨県南巨摩郡早川町にある集落、赤沢を尋ねました。




続きを読む>>

旅の前のトラブル

201501200717076f8.jpg

頼りになる先生がいる医院

3日後に南米パタゴニアに向かって出発するという日のこと。
2~3日前から腰痛が起こってしまったのに、少し痛みが収まったと勘違いしてしまった。
20kmのハイキングをするので少し足慣らしをと、井野川沿いを歩くことにした。
しかし1時間ほどで痛みが激しくなって歩けなくなった。

旅行の準備を始めてみたけれど、腰に負担がかかってはかどらない。
あと3日・・・
どうしよう・・・
キャンセルも仕方ないと思った。

今まで、何度か旅を諦めたことがある。
戸隠に行くその日、お世話になった宿へのお土産を買おうとして地元の店先で転んだ。
痛みがひどく、病院へ行くと膝を骨折していた。
宿をキャンセルしたのは言うまでもない。
昨年の春、小笠原に行く予定を立てたが、1週間前から咳で苦しんだ。
結局、船便も宿もキャンセル。

アクシデントがあったにも関わらず、決行したこともある。
ケニアに行く前は、転んで肘を骨折した。
かかりつけの接骨医に行くと、
「歩くのには支障がないから大丈夫だよ」と言ってくれ、
首から三角巾をつるして旅に出た。
白馬三山に登る前々日、つまづいて右足小指を骨折。
さすがに、このときは諦めようと思った。
また同じ医師に診てもらうと、「楽しみにしていたんでしょう」
と前置きしてから、「ギブスを作ってあげるから、その気になれば登れるよ」と言ってくれた。
いちじんさんも楽しみしていた山行だ。
テーピングの仕方とかを教わって、山に出かけた。

今度もまた、旅の前にトラブルが起こってしまった。
何とかなって欲しい。
かかりつけ医師のところへ行った。
注射をしてもらったが、すぐにはよくならない。
最悪の場合はキャンセル!
それでも安静にしていたら、何とか行ける自信がついてきた。
腰痛ベルトをし、薬を2週間分持って、旅に出た。

夕焼け

01_20141013093515aee.jpg

大菩薩峠にて 2014.10.10 17:29



東京で・・・

01_2014092621474110f.jpg

午後、渋谷に所用があり、いちじんさんと出かけてきました。
せっかく東京に行くなら・・・、と帰りに笹塚に住む彼女と会うことに。
彼女は中学三年生のときのクラスメイトです。
高崎に帰省するとき、みんなで集まってワイワイガヤガヤ楽しんでいる仲間です。
最近会ったのは、5月ごろでした。

高崎から東京へ出かけて彼女に会うのは初めてです。
彼女の行きつけのイタリアンレストラン・キャンティクワトロで待ち合わせ。
お店が近づくと雨が降り出してきました。

ビールで乾杯し、前菜をたくさん食べて、ワインも飲んで、パスタも食べて、お腹がいっぱい。
最後にはデザートまで食べて・・・

そろそろ帰ろうとするとき、「次はバーへ行こうよ」と彼女。
帰りの電車に間に合うように、駅の近くのお店に連れていってもらいました。

女二人、大きな声で話して、笑って・・・・
うるさがらずに、マスターは笑顔で聞いていてくれました。
彼女はこのお店に独りでくることもあるとか。
そんな彼女がいたから、楽しい夜が過ごせました。





ご来光を眺めに

04_201410050547536d8.jpg
2014.09.14 白馬岳山頂から
遠方は、槍ヶ岳・穂高連峰方面。

日の出は5時28分。山が赤く染まってきました。







06_20141005054537c4d.jpg
剣岳方面
すっかり夜が明けました。
急にガスがかかり、そのあとブロッケン現象を見られました。


お花畑

10_201409160658298a5.jpg

白馬大雪渓 2014.09.13
もうお花はお終い・・・、と思っていましたが、まだまだ楽しめました。




気管支炎の治療

01_201404020942305eb.jpg

咳がなかなか止まらない。
特に夜になって布団に入ると発作のような状態に苦しむ。

症状が出たのは3月23日ごろ。
風邪かな、と思ったが熱もない。
市販の咳止めを買って飲んだが、なかなか止まらない。
このままでは小笠原に行けなくなってしまう。
出発は4月2日。
3月28日になって病院へ行った。
症状は鼻水と咳。熱はないので、医師は花粉症だろうと言った。
血液検査をし、結果を待つことにした。
処方された薬はシロップの咳止めと、点鼻液(画像左)

病院へ行き薬も処方され、これで治る、と思ったが症状は悪化するばかり。
4日後の4月1日、検査結果が出た。アレルギー反応は全てなし。
スギもダニもホコリも、その他も全て問題なかった。

そこで処方箋が変わった。
点鼻液を止めてシムビコートという気管支に吸入する薬を使う。(画像右)
この使い方が難しい。
まず模型で練習をした(画像真中)
試しに吸ってみるとどうやらダメらしい。
医師は、私のを見ていてください、と言った。
大きく息を吸うとビーと音がした。
それくらい吸わないと薬を吸入できないのだ。
何度か練習してやっと大きな音が出るようになった。

朝晩、2回ずつ吸入し、頓服薬として新しく処方してもらった顆粒の咳止め。
これで快方に向かってくれれば嬉しいのだが。


小笠原はキャンセル

明日、4月2日から「おがさわら丸」に乗って父島へ行くことになっていました。
いました、と過去形が悲しいです。

ザトウクジラを見たくて2月に船のチケットを買いました。
なかなか宿が決まらず、出発の4日前になってやっと予約。
ホエールウォッチングをどのツアーに参加しようかな、と悩んでいるうちに
「予約でいっぱいです」と2か所で断られ、やっと手配できそうなときでした。

1週間前からの咳がなかなか止まらず、小笠原に行けるかどうか不安になってきました。
昼間は旅行の計画やら持ち物の準備など気持ちが前向きになったのですが、夜になると一変しました。
咳が一旦で始めるとなかなか止まらず、眠れられなくなってしまうのです。
何より苦しいのです。
東京から小笠原の父島まで船で25時間。
こんな状態で一昼夜、船に乗り続けていられるでしょうか。
スノーケリングもしたいと思っていましたが、無理でしょう。

悩んだ末、キャンセルすることにしました。
いちじんさんも、せっかく行くなら体調の良い時の方が楽しいよ、と。
そのうち夢を実現させたいです。






プロフィール

けいこ

Author:けいこ
since 2012.10

登りはまるでカメ
それでもいつかは山頂へ

最近の楽しみは 
ピアノの練習(2009.7~)

群響を応援しています


HP ちいさな輝き



リンク

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

お客さま 2014.2.12~