けいこの雑記帳

花や鳥 そして人との出会いに 心ときめきたい 

可愛いお客様 2016.6.8

13332807_797385840398650_2858959919677975797_ オーエン&こはちゃん1

ともこさんは梅肉エキスを作りたいそうです。
それならと、いちじんさんは朝、せっせと梅をもぎました。
折角ともこさんが来てくれるなら、今アメリカから里帰り中のあきこさんにも声をかけるとおーちゃんを連れて遊びにきてくれました。




13407285_797385880398646_762073316170789768_n おーえん&こはちゃん 
会うたび大きくなり、おーちゃんは片言を話すようにもなりました。
楽しいひと時をありがとう、また会おうね!!!


スポンサーサイト

蕎麦party

IMG_2679_20151121072131c38.jpg

カナダ・バンフからのお客様を迎えて、蕎麦をふるまいました。


続きを読む>>

第25回ぐんま県民マラソン

IMG_2473.jpg

ダントツで視界に入ってきたランナー

ぐんま県民マラソンは今年5回目を迎えました。
今年から20kmがフルマラソンになったのでコースが延び、我が家の近くを通ることになりました。






続きを読む>>

おーちゃんがやって来た

IMG_2259.jpg

おーちゃんに初めて会ったのは2014年夏、アッシュランド・オレゴン州でした

あれから一年。
里帰り中に、蕎麦partyをしました。





続きを読む>>

おーちゃんがやって来た①

IMG_2084.jpg

アメリカはオレゴンからやってきたあっこさんとおーちゃん。
里帰り中に遊びにきてもらいました。



続きを読む>>

榛名山麓工芸展

1_20150605054907355.jpg

出品者の作品が一同に展示されています。



続きを読む>>

旅の前のトラブル

201501200717076f8.jpg

頼りになる先生がいる医院

3日後に南米パタゴニアに向かって出発するという日のこと。
2~3日前から腰痛が起こってしまったのに、少し痛みが収まったと勘違いしてしまった。
20kmのハイキングをするので少し足慣らしをと、井野川沿いを歩くことにした。
しかし1時間ほどで痛みが激しくなって歩けなくなった。

旅行の準備を始めてみたけれど、腰に負担がかかってはかどらない。
あと3日・・・
どうしよう・・・
キャンセルも仕方ないと思った。

今まで、何度か旅を諦めたことがある。
戸隠に行くその日、お世話になった宿へのお土産を買おうとして地元の店先で転んだ。
痛みがひどく、病院へ行くと膝を骨折していた。
宿をキャンセルしたのは言うまでもない。
昨年の春、小笠原に行く予定を立てたが、1週間前から咳で苦しんだ。
結局、船便も宿もキャンセル。

アクシデントがあったにも関わらず、決行したこともある。
ケニアに行く前は、転んで肘を骨折した。
かかりつけの接骨医に行くと、
「歩くのには支障がないから大丈夫だよ」と言ってくれ、
首から三角巾をつるして旅に出た。
白馬三山に登る前々日、つまづいて右足小指を骨折。
さすがに、このときは諦めようと思った。
また同じ医師に診てもらうと、「楽しみにしていたんでしょう」
と前置きしてから、「ギブスを作ってあげるから、その気になれば登れるよ」と言ってくれた。
いちじんさんも楽しみしていた山行だ。
テーピングの仕方とかを教わって、山に出かけた。

今度もまた、旅の前にトラブルが起こってしまった。
何とかなって欲しい。
かかりつけ医師のところへ行った。
注射をしてもらったが、すぐにはよくならない。
最悪の場合はキャンセル!
それでも安静にしていたら、何とか行ける自信がついてきた。
腰痛ベルトをし、薬を2週間分持って、旅に出た。

蕎麦くう会



2011年5月から作ったアルバム。
我が家に蕎麦を食べに来てくださった人達の写真を集めたものです。
今日で34回を迎え、2冊になりました。
写真をパラパラめくると、懐かしい顔に出会えます。
昨年11月はカナダから一時帰国したお二人でした。

東京で・・・

01_2014092621474110f.jpg

午後、渋谷に所用があり、いちじんさんと出かけてきました。
せっかく東京に行くなら・・・、と帰りに笹塚に住む彼女と会うことに。
彼女は中学三年生のときのクラスメイトです。
高崎に帰省するとき、みんなで集まってワイワイガヤガヤ楽しんでいる仲間です。
最近会ったのは、5月ごろでした。

高崎から東京へ出かけて彼女に会うのは初めてです。
彼女の行きつけのイタリアンレストラン・キャンティクワトロで待ち合わせ。
お店が近づくと雨が降り出してきました。

ビールで乾杯し、前菜をたくさん食べて、ワインも飲んで、パスタも食べて、お腹がいっぱい。
最後にはデザートまで食べて・・・

そろそろ帰ろうとするとき、「次はバーへ行こうよ」と彼女。
帰りの電車に間に合うように、駅の近くのお店に連れていってもらいました。

女二人、大きな声で話して、笑って・・・・
うるさがらずに、マスターは笑顔で聞いていてくれました。
彼女はこのお店に独りでくることもあるとか。
そんな彼女がいたから、楽しい夜が過ごせました。





「高崎手作りオカリーナの会」コンサート

01_20140526052102d0c.jpg
「手作りオカリーナの会」コンサートの指導指揮者小田原先生と会創設者須藤先生。

このお二人に出会ったのは今から3年ほど前。ある喫茶店でのことでした。
店に入ると顔なじみのマスターが言いました。
「ちょうどいいところに来ましたね。実はここにいらっしゃるお二人、オカリナの先生なのですよ。」


続きを読む>>

子供の日

32.jpg
高齢化が進むわが近所。
2年ほど前、お隣に若い家族が引っ越しをしてきて、子供の声がするようになりました。
芝生の上でお友達と遊ぶ声や、パパやママと一緒にミニ菜園で遊ぶ声。
子供たちの声を聞いていると元気をもらえます。



気管支炎の治療

01_201404020942305eb.jpg

咳がなかなか止まらない。
特に夜になって布団に入ると発作のような状態に苦しむ。

症状が出たのは3月23日ごろ。
風邪かな、と思ったが熱もない。
市販の咳止めを買って飲んだが、なかなか止まらない。
このままでは小笠原に行けなくなってしまう。
出発は4月2日。
3月28日になって病院へ行った。
症状は鼻水と咳。熱はないので、医師は花粉症だろうと言った。
血液検査をし、結果を待つことにした。
処方された薬はシロップの咳止めと、点鼻液(画像左)

病院へ行き薬も処方され、これで治る、と思ったが症状は悪化するばかり。
4日後の4月1日、検査結果が出た。アレルギー反応は全てなし。
スギもダニもホコリも、その他も全て問題なかった。

そこで処方箋が変わった。
点鼻液を止めてシムビコートという気管支に吸入する薬を使う。(画像右)
この使い方が難しい。
まず模型で練習をした(画像真中)
試しに吸ってみるとどうやらダメらしい。
医師は、私のを見ていてください、と言った。
大きく息を吸うとビーと音がした。
それくらい吸わないと薬を吸入できないのだ。
何度か練習してやっと大きな音が出るようになった。

朝晩、2回ずつ吸入し、頓服薬として新しく処方してもらった顆粒の咳止め。
これで快方に向かってくれれば嬉しいのだが。


小笠原はキャンセル

明日、4月2日から「おがさわら丸」に乗って父島へ行くことになっていました。
いました、と過去形が悲しいです。

ザトウクジラを見たくて2月に船のチケットを買いました。
なかなか宿が決まらず、出発の4日前になってやっと予約。
ホエールウォッチングをどのツアーに参加しようかな、と悩んでいるうちに
「予約でいっぱいです」と2か所で断られ、やっと手配できそうなときでした。

1週間前からの咳がなかなか止まらず、小笠原に行けるかどうか不安になってきました。
昼間は旅行の計画やら持ち物の準備など気持ちが前向きになったのですが、夜になると一変しました。
咳が一旦で始めるとなかなか止まらず、眠れられなくなってしまうのです。
何より苦しいのです。
東京から小笠原の父島まで船で25時間。
こんな状態で一昼夜、船に乗り続けていられるでしょうか。
スノーケリングもしたいと思っていましたが、無理でしょう。

悩んだ末、キャンセルすることにしました。
いちじんさんも、せっかく行くなら体調の良い時の方が楽しいよ、と。
そのうち夢を実現させたいです。






エアチケット

羽田19:00⇒バンクーバー14:55⇒カルガリー19:25
 カルガリーで1泊したあとバスで1時間半、カナディアンロッキーに8泊。
カルガリー12:20⇒サンフランシスコ14:11
 サンフランシスコからメッドフォードまで飛行機で移動。アッシュランドまで車で30分
 一週間ほどオレゴン州アッシュランドに滞在。
サンフランシスコ13:25⇒成田16:00

赤字のフライトの周遊チケットを買いました。
初めの計画は、①東京⇒バンクーバー ②バンクーバー⇒ポートランド ③ポートランド⇒東京
というものでした。ポートランドからはレンタカーでアッシュランドへ。
この場合、バンクーバー、カルガリーの往復チケットが別途必要となります。

ところが、サンフランシスコからメッドフォードという空港まで飛べば、アッシュランドまでは車で30分。
そのうえ、知人が空港まで迎えに来てくれるといいます。
こんな良い方法はない、とさっそくルートを変更してみました。
3日、ネットに向かっていろいろな日にちを組み合わせて一番安いチケットを見つけました。
費用は11万円ちょっと。
あとはサンフランシスコからメッドフォードまでの往復チケットをどうやって手に入れるか、です。




アッシュランドへ

今、旅の計画をしています。
未知の国への旅は特にワクワクします。
そこはアメリカ、オレゴン州、アッシュランド。
「オレゴンから愛」のような田舎暮を楽しんでいる知人を訪ねる旅です。

成田⇒(サンフランシスコ経由)⇒ポートランド
そこからアッシュランドまで車で4,5時間とか。
レンタカーで行くのもちょっと勇気がありません。
そこでグレイハンド社の長距離バスの時刻表を調べました。
なんと9時間以上もかかります。それに乗り換えが1回。
時間がかかるのは途中で30分と1時間ほどの休憩が2回、そして乗換の待時間があるから。

いちじんさんが、「それならレンタカーでビューン!と吹っ飛ばそう」と言っています。
外国で何の不安もなく車を運転している人でも、みな初めて乗る日があったはず。
何とかなるのでは。

カナダのバンクーバーやバンフにも足を延ばして・・・
あれこれ考えているときが楽しいです。



2度目の雪

01_201402160018590d3.jpg

8日(土)に大雪が降ってまだ一週間もたたないと言うのに、また雪です。
水分を多く含んだ雪で、さほど積もりそうもありません。




続きを読む>>

さん志よ煎餅

19-2218.jpg

伊香保温泉の片隅に合った手焼きせんべいの店
お店の名前は「さん志よ煎餅」
山椒の香りがほのかに漂い、美味しかったです。
自分で山に行って山椒を取り、煎餅を焼き、店で売る。
上州の女性は働き者です。

伊香保の紅葉

14-2193.jpg

伊香保温泉・河鹿橋


続きを読む>>

カナダからのお客様

Sue02.jpg

カナダ・ウィスラーでB&Bをやっているご夫婦。
10月16日から日本に滞在しています。
私たちがB&Bを訪ねたのは今年の7月。
今度は彼らが高崎にやってきてくれました。

Chalet Beau Sejour B&B

昼食は我が家の近くのインデアンカレーのお店で。






Sue01.jpg

夕食は我が家で手巻きずし。
食事の前にビールを飲みながらご主人はギターを、私はピアノを弾いて楽しみました。
ふたりともゆっくり話してくれるので、何となく言っていることは分かります。
が・・・、こちらから話すことと言えば・・・。




Sue03.jpg

とても話し好きで明るいお二人です。
私が間違った英語の使い方をすると、すぐに直してくれます。
まるで先生。
こんな人から英語のシャワーを受けたら、上達するかな、と思いました。



テレビ「にっぽん名峰スペシャル」

9dsc_0575.jpg

テレビ東京の土曜スペシャル「にっぽん名峰スペシャル」
浅間隠山~榛名山~赤城山を巡る3泊4日の山旅を2時間半にまとめた番組です。
私たちが取材チームと出会ったのは浅間隠山。
彼らとすれ違った場所は分かるので、近くになると真剣に見ていました。
映るかどうか分からないのはドキドキものです。
番組スタートから20分。
まず私の姿が・・・。




6dsc_0574.jpg


そして「山の魅力ってなんでしょうね」というパンチさんの質問に答えています。
大笑いしながら見ていました。

その直後、電話が・・・
前の家の奥さんからです。
「息子がテレビ東京に勤めているんで見ていたんですよ。やっぱりけいこさんたちでしょう」
その他、3人の叔母からもありました。
「ずいぶん、きれいなところに行ったんだね」

夜遅くには友達からメールがありました。
「出かけていたのでビデオを撮っておいたのを今見たら、けいこさんたちが映っていたのでビックリ!」

子供のようにはしゃいだ夜でした。





プロフィール

けいこ

Author:けいこ
since 2012.10

登りはまるでカメ
それでもいつかは山頂へ

最近の楽しみは 
ピアノの練習(2009.7~)

群響を応援しています


HP ちいさな輝き



リンク

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

お客さま 2014.2.12~