けいこの雑記帳

花や鳥 そして人との出会いに 心ときめきたい 

オペラ「愛の妙薬」2018.2.3


2018年2月3日(土)
開演 18:00
会場 前橋テルサ

昨年、オペラ「道化師」で一緒に歌った人が、前橋市民オペラ合唱団に入っていて聞きに行ってきました。20名ほどの合唱団員は洗練され、表情や仕草も豊かで聞きごたえがありました。







スポンサーサイト

サロンコンサートin目黒 2018.1.28

東京、目黒にあるイタリアンレストラン
リストランテ 小林 da Visoride

20180201214848237.jpg



ここのマダムから新春ミニコンサートにお招きいただきました。
一部ピアノソロ、二部日本歌曲、三部オペラのアリア他、そして、共に歌いましょう、という盛りだくさんのプログラムです。歌うのはなんとマダム。


続きを読む>>

映画・プラハのモーツァルト 2018.1.8

e4c1dc4bcd1745bb.jpg

シネマテークたかさきで映画を見てきました。
モーツァルトが可愛くてお茶目でカッコ良いんです。だから妻子がありながらソプラノ歌手のスザンナに恋心を抱くのを、すんなり受け入れられてしまいました。
そしてソプラノの歌声は優しくて優雅で、家に帰ってきても耳に残っています。いったいあれは誰が歌っているのでしょうか?知りたくなりました。


草間勇貴リサイタル 2018.1.7

26167403_1527048684069960_6026951040660525906_n.jpg

2018年1月7日(日)
開演 14:30
会場 前橋文学館3Fホール
テノール 草間勇貴
ピアノ 井向 結

続きを読む>>

ヨーロッパ ルーマニア 音楽の世界 2017.12.7

2017年12月7日(木)
開演 14:00
会場 音楽工房 綿の花

オーボエ 磯部 いのこ
クラリネット ユリアン・ルス(家族にご不幸があった為、急遽帰国)
ピアノ 菅野宏一郎



山田由紀子リサイタル 2017.12.4


2017年11月4日(月)
開演 19:00
会場 高崎市ティーギャラリー コアホール
ソプラノ 山田由紀子
ピアノ 田中悠一朗

続きを読む>>

高崎演奏家協会 定演 2017.12.1




2017年12月1日(金)
開演 19:00
会場 高崎シティギャラリーコアホール

プログラム
バイオリン独奏 古橋綾子
メゾソプラノ朗読 山本掌
ソプラノ&クラリネット&ピアノ 植木光子、中條美穂子、今井寿美
二重奏 オーボエ 磯部いのこ クラリネット ユリアン・ルス(賛助出演)
ソプラノ独唱 ソプラノ 萩原雅美 ピアノ 伊藤正
ピアノ六重奏 六重奏曲作品6 第1.第4楽章/L・トゥイレ
フルート 杉山友美、オーボエ 本田英雄、クラリネット 松本真奈美
ホルン 伊東輝道(賛助出演)、ファゴット 原梢、ピアノ 黒沢真木子







Cello&Piano Duo Live 2017.11.3

23032646_1503607099760349_8591584262095164577_n.jpg

2017年11月3日(金)
開演 18:00
会場 桜座カフェ 山梨県甲府市
ピアノ 小林萌里
チェロ 芝崎紘生

11月3日に甲府で紘生さんのライブがあると知ったのは4日前のFacebookでした。
その日はたまたま甲府で祝い事があり、それが終わってから聞きに行ってみました。
ライブ会場で聞くチェロはピアニストとの息もぴったりで、単語の情熱的な曲も新鮮。
ワインをいただきながらの楽しいひとときでした。

IMG_0211-002.jpg 


 

ニューオペラ「メイキング・カルメン」 2017.11.2

23031440_537403916605472_3200090080857733929_n.jpg 

2017年11月2日(木) 
開演 13:00
会場 大井町きゅりあんホール
指揮 杉原直基
演出/台本・脚色・構成  三浦アンコウ

お友達が出演するというので見に行ってきました。
新歌劇とあって脚色も斬新です。
カルメンを作曲したビゼーが出てきて、お友達はその母親役。
息子を溺愛する役をたっぷり表現していました。
日本語のセリフが豊富に入り、まるで演劇を見ているようでもありました。


続きを読む>>

「オーロラの下に暮らして」2017.10.28

21316365_689577974581566_4294359317398252779_o.jpg

2017年10月28日(土) 
講演 14:00~16:00
会場 青葉区民文化センター
スピーカー  タミー・トロティック 上村知弘

「オーロラの下に暮らして」~極北カナダユーコンの大自然~
鎌倉で上村知宏さんタミーさんのお話会があり、二年振りにお会いしてきました。
会場に集まった人たちはほとんどオーロラを見たことがないようです。
スライドを見ながら知宏さんのお話を聞いていると、いつか行ってみたいなぁ~、
という夢が湧いてきたようです。
休憩のあとの質疑応答では次から次へと質問が続きました。
それに丁寧に答える知宏さん。知識の広さにも驚かされます。

2年前のブログ 
出た!オーロラ



T小学校音楽会 2017.10.25


T小学校音楽会に知人がゲスト出演するというので、何十年ぶりかで母校を訪ねました。
一部の「T小学校金管カラーガードクラブ」は大人顔負けの堂々とした演奏でした。次に5年生の合唱が始まるとその澄んだ声にうっとり。胸が熱くなり涙が出そうでした。
歌を聞きながら色々なことを思い出しました。群馬交響楽団の移動音楽教室で初めて生演奏を聞いたこと。6年生の時に群馬音楽センターで合唱をしたこと。合奏ではアコーディオンを弾いたこと。どれも遠い昔のことで、うる覚えです。
正直、知人達の演奏が目的だったのですが、思いがけず子どもたちからたくさん感動をもらいました。



オペラ<コジ・ファン・トゥッテ> 2017.10.17


2017年10月17日(水) 
開演 14:00
会場 足利市民会館 小ホール
指揮 小森康弘
演出 原純
音楽監督&フィオルディリージ 大隅智佳子

続きを読む>>

カルメン 2017.9.29



2017年9月29日((金)
開演 18:30
会場 渋谷区文化総合センター大和田
指揮 秋山愛美
演出 原 純
カルメン 河野めぐみ
ホセ 井ノ上了史

原純さん演出、オペラ「カルメン」ハイライト版
幕が上がると真っ赤な照明の舞台。そこには誰もいません。
しばらくして黒の衣装に身を包んだ合唱団員が登場。彼らのしぐさや表情がまるで演劇を見ているようです。なんと素敵な幕開けなんでしょう。ワクワク感がどんどん膨らみました。
最後まで目を離せない演技、そしてカルメンはもちろん、ホセの歌声にすっかり魅了されました。

続きを読む>>

オペラランチコンサート 2017.6.24

19390766_1095282097272187_1356016320158917224_o.jpg

2017年6月24日(土)
開演 13:00
会場 榛名湖温泉ゆうすげ元湯
テノール 角田和弘
フルート 薄田真希
ピアノ 多羅尾睦恵

ブナの会の移動例会として13名で聞きにいきました。
ビュッフェスタイルのランチを11:30からいただき、そのあとがコンサートです。
自然の中のホテルで食後にゆったりと音楽を聞く。なんとも贅沢な時間です。
声楽家の歌を聞くのは初めてという人は身近で角田さんの歌を聞いて感動していました。
ランチ付きなのに格安なお値段、そして無料マイクロバス送迎付き。角田さんのお蔭です。



フルート2本とピアノの調べ 2017.6.10

17952603_907725706036872_4128169464531258325_n.jpg

フルートの小林渉さんは、オペラ道化師の合唱を一緒に練習している方です。
まさかプロのフルーティストとは知りませんでした。

一部はクラシックです。
一曲目はF.クーラウ作曲の「トリオ」
演奏が始まったとたん、フルートの音色にグングン弾きこまれていきました。
なんて心地よいの♪
次はシューベルトの「アルペジオーネ・ソナタ」
まず、小林さんの解説がありました。
「ピアノだと簡単に和音を弾けるけれど、
フルートは一度に一音しか出ないので和音を作れない。
それでもアルペジオを早く吹いて、和音のようなイメージを作る」
そんなようなことだったと思います。
二曲とも知らない曲です。なのに心が躍りました。
リラックスした空間が広がり、自然と体が揺れてきました。
次はオペラ魔笛から三曲。
みんな知っている曲です。
「私は鳥刺し」パパゲーノの歌声が聞こえてきそうでした。
一部の最後はドップラー作曲のリゴレット・ファンタジー
もう一人のフルート奏者は鶴淵千景さん。
小林さんの先輩だそうです。
トップラーは二人とも大好きな作曲家だと言っていました。

二部はミュージカルや映画音楽からの曲集です。
それぞれの物語の説明もあり、そのお話がとても分かり易くて楽しめました。

ピアニスト、田中悠一朗さんの演奏を聞くのは二度目です。
先日、知り合いのオカリナコンサートの伴奏をされていました。
そのとき、素晴らしい音色を奏でる人だなぁ~、と感動。
今日もきれいな音を楽しめました。







オペラ「トスカ」2017.5.21

知人が合唱団で歌うというので聴きに行きました。
クラシックのコンサートではつい、ウトウト。
ところがこのオペラはストーリーがハラハラ、ドキドキ、
ウトウトしている暇がありません。
緊張する場面がたくさんあって、それにアリアもきれいです。
目の悪い私は字幕が読めないこともしばしば。
でも今回はオケピットから2列目だったのでよく内容が分かりました。
それに翻訳がよかったです。
初めて聞いたトスカ、それに事前学習?もしていなかったのに、
とても楽しめました。

18556472_1328468853938056_6774832754512910764_o.jpg

休憩時間にシティフィルの団長さんにお会いでき、
それもお元気そうだったので嬉しかったです。
演奏終了は5時過ぎ、次は高崎でオペラ道化師の合唱練習です。
駐車場でピアノの先生にお会いし、6時半に間に合いますかね、と言ったら、
私は子供の練習からだから6時なのよ、と。先生は大変です。





藤原歌劇団・日本オペラ協会群馬県支部設立記念コンサート

2017年2月18日(土)
開演 14:00
会場 前橋テルサホール

ソプラノ 高橋薫子、小林教代、山田由紀子、渡辺文子
メゾ・ソプラノ きのした ひろこ、諸田広美、横堀裕美
バリトン 折江忠道、泉良平、江原実
テノール 角田良平
合唱 群馬オペラ合唱団
ピアノ 藤原藍子、大園麻衣子





オペラ 蝶々夫人 2017.2.4

2017年2月4日(土)

開演 16:00

会場 群馬音楽センター


全国共同制作プロジェクト(全5公演)

プッチーニ歌劇「蝶々夫人」

<新演出>全2幕 日本語字幕付き原語上演

指揮 ミヒャエル・バルケ

演出 笈田ヨシ

蝶々夫人 中島彰子(ソプラノ)

ピンカートン ロレンツォ・デカーロ(テノール)

シャープレス ピーター・サヴィッジ(バリトン)

スズキ 鳥木弥生(メゾ・ソプラノ)



2015年、群馬交響楽団は70周年記念にオペラ「蝶々夫人」を演奏しました。

会場は桐生・前橋の二ヵ所で、前橋で聞きました。

今回は群馬交響楽団の拠点、高崎です。 

演出によってこんなにも違う舞台になるとは。

斬新な衣装や創作ダンスなど見る楽しさもありました。

中でも「愛の二重唱」は演劇を観ているようで圧巻。
最後は思わずスタンデングオベーション!
会場も盛り上がりました。

実は蝶々夫人が自死するストーリーがあまり好きではなく、行くつもりはありませんでした。

しかし直前になっていちじんさんから何度も誘われて聞くことにしたのです。






ピアノとチェロのDuoコンサート 2016.11.12

2016年11月12日(土)
開演 14:00
会場 埼玉県・花久の里サロン
チェロ 芝崎紘生
ピアノ 
プログラム
愛の挨拶(エルガー)
セレナーデ(シューベルト)
浜辺の歌
夢のあとに(フォーレ)
無伴奏チェロ組曲より
アヴェ・マリア(シューベルト)
白鳥(サンサーンス)
~休憩~
リベルタンゴ
デサフォナード
めぐりあい
セ・シボン
ラストダンスは私と
ムーンライトセレナーデ
五番街のマリーへ
365日の紙飛行機
おくりびと
みんなで歌おう(旅愁)

アンドレイ・イオニーツァ チェロ・リサイタル 2016.10.23

2016年10月23日(日)
開演 14:00
会場 高崎シティギャラリーコアホール
チェロ アンドレイ・イオニーツァ
ピアノ 薗田奈緒子
プログラム
シューマン:幻想小曲集Op.73 Ⅰ、Ⅱ、Ⅲ
ブラームス:チェロ・ソナタ第一番ホ短調Op.38 Ⅰ、Ⅱ、Ⅲ
~休憩~
チャイコフスキー:ペッツォ・カプリオーソ
チャイコフスキー:アンダンテ・カンタービレ
フランク;チェロ・ソナタイ長調 Ⅰ、Ⅱ、Ⅲ、Ⅳ



プロフィール

けいこ

Author:けいこ
since 2012.10

登りはまるでカメ
それでもいつかは山頂へ

最近の楽しみは 
ピアノの練習(2009.7~)

群響を応援しています


HP ちいさな輝き



リンク

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

お客さま 2014.2.12~