けいこの雑記帳

花や鳥 そして人との出会いに 心ときめきたい 

アッシュランド3日目

01_20140903002413c9e.jpg

3日目の朝を迎えました。
backyard(裏庭)という言葉は知っていした。
でも、イメージが沸きません。
こんな感じの庭のことを言うのでしょう。
この家は100年ほど前に建てられたそうです。
裏庭で子供たちがキャツキャツ言いながら駆けまわっている姿が浮かんできそうです。





続きを読む>>

スポンサーサイト

アッシュランド2日目

08_20140728153328d9d.jpg

夕べは気付かなかったボード。
私たちを空港まで迎えに行くことがメモってありました。
廊下の右側にゲストルームが2部屋あり、私たちは手前の部屋を使わせてもらいました。

2014.7.10




続きを読む>>

まさかオレゴンを訪ねるとは・・・

01_2014072809122726e.jpg

2011年2月半ばころのことです。
井野川沿いを歩いていると、自転車に乗った男女二人連れがやってきました。
いちじんさんは男性に声を掛けました。見ると外国人です。
公民館の陶芸教室で知り合った人でアメリカ人だとか。
いちじんさんも久しぶりに会えてうれしそうでした。
一緒にいた彼女とも話が弾み、「こんど、二人で遊びに来てね」と言ってみました。
その人の名前はニール、そして彼女はあっこさんと言いました。
3月3日、そんな出会いから我が家でランチを。
英語と日本語が飛び交った会話を楽しみました。

☆☆☆


続きを読む>>

カナダからオレゴンへ

12_2014072804101956b.jpg

カナダディアンローッキーの旅でお世話になったキャンモアのB&B
10日目の朝、いよいよオレゴンに向かいます。

キャンモアを7時ごろ出発しました。
最後のカナディアンロッキーの山並みを楽しみながらカルガリーまで走ります。
「運転に慣れてきたころにはもうお終いだね」と寂しいようなホッとしたような・・・

ハイウエーの1号線はカルガリー市内で渋滞すると聞き、途中で郊外を走る道を教えてもらいました。
1号線のStoney Trail Countny Hills というExitを左折しハイウェー201号線に乗ります。
しばらくするとエアポートのマークが出てきて、ひと安心。
201号線を空港に向かうExitで右に入って降りようとしたのに、つい大周りをして左に曲がってしまいました。
つまり、またまた違うハイウェーに乗ってしまったのです。
あれれ・・・、と思っても一瞬の出来事で、助手席にいる私にはどうすることもできません。

どこに行ってしまうのだろう・・・
飛行機に乗り遅れたら・・・
心臓はドキドキです。

いちじんさんも同じはず。
ところがExitから出たり入ったりしてぐるぐる走っているうちに、不思議と空港の近くまでたどり着きました。
さすが、いちじんさん!
最後は車を止めて道路工事の人に道を訪ね、10日前の見慣れた風景が現れるとホッとしました。
キャンモアからカルガリー空港まで1時間半くらいでした。


続きを読む>>

エアチケット

羽田19:00⇒バンクーバー14:55⇒カルガリー19:25
 カルガリーで1泊したあとバスで1時間半、カナディアンロッキーに8泊。
カルガリー12:20⇒サンフランシスコ14:11
 サンフランシスコからメッドフォードまで飛行機で移動。アッシュランドまで車で30分
 一週間ほどオレゴン州アッシュランドに滞在。
サンフランシスコ13:25⇒成田16:00

赤字のフライトの周遊チケットを買いました。
初めの計画は、①東京⇒バンクーバー ②バンクーバー⇒ポートランド ③ポートランド⇒東京
というものでした。ポートランドからはレンタカーでアッシュランドへ。
この場合、バンクーバー、カルガリーの往復チケットが別途必要となります。

ところが、サンフランシスコからメッドフォードという空港まで飛べば、アッシュランドまでは車で30分。
そのうえ、知人が空港まで迎えに来てくれるといいます。
こんな良い方法はない、とさっそくルートを変更してみました。
3日、ネットに向かっていろいろな日にちを組み合わせて一番安いチケットを見つけました。
費用は11万円ちょっと。
あとはサンフランシスコからメッドフォードまでの往復チケットをどうやって手に入れるか、です。




アッシュランドへ

今、旅の計画をしています。
未知の国への旅は特にワクワクします。
そこはアメリカ、オレゴン州、アッシュランド。
「オレゴンから愛」のような田舎暮を楽しんでいる知人を訪ねる旅です。

成田⇒(サンフランシスコ経由)⇒ポートランド
そこからアッシュランドまで車で4,5時間とか。
レンタカーで行くのもちょっと勇気がありません。
そこでグレイハンド社の長距離バスの時刻表を調べました。
なんと9時間以上もかかります。それに乗り換えが1回。
時間がかかるのは途中で30分と1時間ほどの休憩が2回、そして乗換の待時間があるから。

いちじんさんが、「それならレンタカーでビューン!と吹っ飛ばそう」と言っています。
外国で何の不安もなく車を運転している人でも、みな初めて乗る日があったはず。
何とかなるのでは。

カナダのバンクーバーやバンフにも足を延ばして・・・
あれこれ考えているときが楽しいです。



プロフィール

けいこ

Author:けいこ
since 2012.10

登りはまるでカメ
それでもいつかは山頂へ

最近の楽しみは 
ピアノの練習(2009.7~)

群響を応援しています


HP ちいさな輝き



リンク

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

お客さま 2014.2.12~