けいこの雑記帳

花や鳥 そして人との出会いに 心ときめきたい 

タオルミーナ滞在 2016.11.28


IMG_20161128_121751804.jpg

朝目覚めて窓を開けると海が見えました。

すぐ下にはサッカー場があります。
海辺と丘の上の町を結んでいるロープウェイがちょうどやってきました。

宿はB&B Casa Michele カーサ・ミケーレ(2部屋だけの小さな宿)

カーサは家という意味です。ちょっとイタリア語を勉強したので(^^;)


今日の予定は決めてはいません。

それでもギリシャ劇場は見てみたいと思っていました。
ところが、昨日起こった腰痛がなかなか治まりません。
私ひとり、部屋で寝ていることにしました。


優しそうなオーナーご夫妻

二人は2階に住んでいて、何か用があるときはベルを鳴らすと降りてきてくれます。


DSC_7967.jpg 


朝食後、いちじんさんは散歩に出かけました。
B&Bのすぐ近くにロープウェイの駅があり、そこから海辺に降りていったようです。
そこはマッツァーロ海岸でした。
私はいちじんさんが写した写真で楽しむだけですが・・・

DSC_8064.jpg



お昼ごろ、いちじんさんが帰ってきました。
食事をどうしようか・・・
横になっていたら少し楽になってきたので、食べに出かけることにしました。
宿のオーナーの息子さんが教えてくれた宿から近いお勧めのレストランです。

DSC_8014.jpg 


海鮮パスタが食べたかったのですがダメでした。
海が荒れていて漁ができなかったようです。
もしかして、お天気が良ければこの辺りで取れたてのが食べられたのでしょうか。

DSC_8102.jpg 



レストランの道を挟んだ向こうは海です。

IMG_20161128_135438495.jpg 



昼食を終え、どこへ行こうか、といちじんさん。
もう一度ロープウェイで海まで降りてもいいと言ってくれました。
しかし、いちじんさんにとっては二度目の場所です。
私は、ギリシャ劇場の方へ行ってみたい、と言いって歩きだしました。

IMG_20161128_135819834.jpg 



町はそれほど大きくなく、ギリシャ劇場まで歩いていけそうです。
地球の歩き方の地図を見ながら行きました。
目的地が近づくと、土産物やさんが目立ってきます。

IMG_20161128_140904409.jpg 





IMG_20161128_152731868.jpg 







IMG_20161128_153457997.jpg 



紀元前3世紀に作られたギリシャ劇場
昔を忍びながらゆっくり散歩してきました。

DSC_8140.jpg 





IMG_4944.jpg 



IMG_20161128_150730629.jpg 






DSC_8172-001.jpg 



のんびり歩いて、宿に戻っていきました。
途中のバールに寄ってアランチーニ(ライスコロッケ)を買って・・・
これは昨日、アグリジェントで友達に教えてもらって食べました。
シチリアとナポリ名物だそうです。


また、一日が終わります。
明日はシチリア島を離れ、ナポリに向かいます。

IMG_20161128_171009409.jpg 





スポンサーサイト

リカータ~アグリジェント~タオルミーナ 2016.11.27

IMG_4894.jpg 
アグリジェント



夕べ最後の公演を終え、いよいよ二人旅。
まずはシチリア島のタオルミーナに2泊します。
リカータからバスでカターニア、そしてバスを乗り換えタオルミーナへ。

すると、カターニアで一泊して帰国するというご二組の夫婦に、タクシーを一日チャーターし、アグリジェントまで行くのでどう?と誘われました。
カターニアとは反対方向です。タオルミーナ行きのバスに間に合うようカターニアに帰ってくる、ということでご一緒することに。

まずは、リカータの町を見下ろすところに立つジュリアーナホテル。
当初、ここに滞在予定でしたが主催者の都合で海辺のホテルに変更になりました。
みんなどんなホテルだったのか興味津々。
ここだったんだ・・・

DSC_7759.jpg





市内を抜け、アグリジェントにまっしぐら・・・
朝、ホテルでちょっと腰に痛みが走りました。
その影響で車の振動が腰に響きます。

DSC_7775.jpg 




遺跡が見えてきました。

IMG_4894.jpg 




もうすぐ12月とは思えない陽気で半そでになりたいくらいでしたが、手持ちがなくて。。。

DSC_7815.jpg 


6人でゆっくりのんびり歩きました。
ここからカターニアまで、どのくらいかかるのだろう・・・
カターニアからバスでタオルミーナまで行くので5時ごろには着きたいと伝えてあります。
でも、みんなマイペース。
 
DSC_7828.jpg 




腰痛がなければ、もっと楽しく歩けるのに。
悪化しないか不安ですが、どうにか頑張りました。

DSC_7849.jpg 






DSC_7898.jpg 






IMG_4900_20170216214957556.jpg 





IMG_4921_20170216214958f9b.jpg 





IMG_20161127_14114907.jpg 



アグリジェントを後にし、一路カターニアへ。
バスの時刻を調べてもらったら、5時30分だったかな。
しかし、カターニアのバスターミナルに着くころ、刻一刻と発車の時刻が迫っていました。
タクシーの運転手さんとイタリア人の知人がなんだかんだと言っています。
イタリア語なのでチンプンカンプン。
もう間に合いそうもありません。
どうしよう!
そしてタクシーが着いたのは鉄道の駅でした。
二人のイタリア人が慌てて切符を買い説明してくれまあした。
そこのホームに直ぐ列車が来るからそれに乗ればタオルミーナに着く、と。

鉄道での経路を考えていませんでした。
バスで行き、タオルミーナのバスターミナル近くのB&Bを予約してありました。
バスを降りれば歩いていける距離のところです。
それでも鉄道はどこを通っているのか地図で見ておきました。
バスターミナルは小高いところにある町の中心地。
そして鉄道の駅は海岸沿いでした。
決して歩いて行ける距離ではないのでタクシーで行くことに。

冬は日が暮れるのが早く、カターニア駅に着く頃はもう真っ暗。
列車は直ぐに来て乗り込みました。
同じ車両に他の乗客はいません。
社内放送の駅名が、ガタゴトとうるさくてよく聞き取れません。
フラットホームにある看板の表示を見ようとしても灯りが暗くて読めません。

カターニア駅でイタリア人の知人から、タオルミーナの到着時刻を聞いておきました。
それだけが頼りです。
ちょうど到着時刻になったとき、駅に止まりました。
しかし、どうも放送された名前と違うような気がします。
でも、いちじんさんは到着時刻になったから、という理由で列車から降りました。
プラットホームに降り立つと駅員さんが、どこへ行くんだ!と。
「タオルミーナ」というと、「違う、早く列車に戻りなさい」と言いました。
決してイタリア語が分かった訳ではありません。
口調とか身振り手振りがそう言っていたのです。

再び列車に乗り、近くにいた車掌さんにチケットを見せ「着いたら教えて」と頼みました。
もちろん手振りで。
次に止まったところで、ここだよ、と言ってくれました。
駅前にはアタクシーが3台止まっていて、すぐに乗ろうとしましたが、
その前に「Quanto costa?
クワント・コスタ いくらですか?
イタリアではボラれるとこがよくあると聞き、これは必須言葉です。
それでも今回の旅で、そんな悪い人には出くわしませんでした。

タクシーに乗るときは住所が大切です。
Googleマップをプリントした紙に書いたアドレスを見せて出発。
B&Bに着いたのは7時過ぎでした。
窓から夜景がとてもきれい。海が見えるかどうかは明日のお楽しみです。

IMG_20161127_190438360.jpg












シチリア公演 蝶々夫人合唱参加 2016.11.21~26

DSC_6684.jpg

2016年11月21日(月)、シチリア島カターニア空港に到着
夜の11時です。ここに先生はじめ、合唱団コーロ・モロタの全メンバーが集まりました。
公演は25日・26日、会場はカターニアからバスで2時間ほどのリカータという町の劇場です。
滞在中は稽古・ゲネプロ・本番と続き、ホテルと劇場を往復する毎日でした。



11月22日(火) リカータ滞在
午後4時から合唱練習

昨夜は小雨が降っていましたが一夜明けると快晴です。
天気予報では雨だったので、みんな嬉しそう。
朝食後、ホテルの庭を散歩する仲間のご夫婦。
春のような陽気です。

IMG_4695.jpg



ホテルは海に面しています。
私たちはそのまま海の方へ歩いてゆきました。


DSC_6830.jpg 




この日は午後4時から劇場で合唱練習があります。
昼食は劇場の近くのレストランで。

DSC_6882.jpg 



練習の前に近くのスーパーで買い物

DSC_6889_20170215140630624.jpg 



劇場に向かいます。

IMG_4722_2017021619554980a.jpg 




劇場の入り口

IMG_4724_20170216195551f76.jpg 




すでにキャストたちが稽古中でした。

DSC_7022.jpg 



11月23日(水) リカータ滞在
午前・午後の2回練習。
朝食は毎日ホテルで・・・
何種類かのパン、とハム・チーズ・ヨーグルト、そしてコーヒーやジュース。
とてもシンプルです。

DSC_7018.jpg 




今日のランチは超豪華!
シチリア島で一番、というレストランでいただきました。

DSC_7075.jpg






夕食はレストランでマエストロやキャストと共にウェルカムパーティ
地元の人たちが民族衣装で踊ってくれました。

DSC_7106.jpg


11月24日(木) リカータ滞在
午前 練習 午後 Aキャストのゲネプロ


11月25日(金) リカータ滞在
午前 Bキャストのゲネプロ 午後 Aキャスト本番

いよいよ本番です。
昨日までは浴衣で練習していましたが、今日からは着物です。
朝食後、ホテルで着付。

DSC_7275.jpg 



昼食はピザを買って・・・
どこで食べたのか? 忘れてしまいました。

DSC_7184.jpg 



本番を終え、近くのレストランへ

DSC_7328.jpg




DSC_7329.jpg



11月26日(土) 午後7時半からBキャスト本番


この日は夜の本番のみ
昼間はホッとする時間を持てました。

みんなでリカータの街歩きをする前に、いちじんさんと二人でホテルの周りを散歩


IMG_20161126_101544768.jpg 




IMG_4808.jpg 




私たちが到着する前に大雨が降ったようで、水たまりができていました。

IMG_4880_20170216203700dfe.jpg 


ホテルの正面

IMG_4886.jpg 




さて、いよいよリカータの街歩きです。
この日はイタリア人の強い見方がいました。
合唱団員のパートナーです。
前日、私たちが稽古をしていたとき、下見をしてくれたようです。



IMG_4833.jpg




IMG_4824.jpg 




町で行き会う人たちはみな人懐っこく、チャオ!と声をかけてくれます。

IMG_4853.jpg 





IMG_4845_201702162039320b0.jpg 




IMG_4852.jpg





IMG_4839.jpg 




お昼は地元のレストランへ
このお店はインフォメーションセンターで教えてもらったのです。

IMG_4869.jpg


そこにはスズキ役の人が後からやってきました。
ブラジルからきたご両親と一緒に。

DSC_7585.jpg




リーズナブルで美味しいお店でした。

DSC_7577.jpg



海外旅行に出かけて、自分にお土産を買うのはあまりありません。
今回は女性がたくさんいたので、こんなお店によって私もひとつ買ってきました。

DSC_7551.jpg


2回目の本番が終わりました。
まだ写真を撮っていなかったことに気づいたいちじんさん。
今日は絶対撮ろうね!と

DSC_7664.jpg 





DSC_7643.jpg 






DSC_7688.jpg 



最後の打ち上げです。
ピンカートン(ダブルキャスト)とバタフライ役の人が椿姫の「乾杯の歌」を歌っています。

DSC_7695.jpg 


こうして、人生初体験が終わりました。


27日からは、いちじん&けいこの二人旅が始まります。
一週間、ハラハラドキドキの日々が・・・






最後の練習 2016.11.11

イタリアのシチリアで上演されるオペラ蝶々夫人。
スズキ役(メゾ・ソプラノ)で出演する諸田広美先生と一緒に合唱で参加すると決心して5ヶ月。
7月から始まったコーロ・モロタ(Coro Morota)の合唱練習も今日が最後です。
本番は着物ですが練習のときは浴衣を着て歌と動きの指導を受けました。
「みんな顔が暗い!もっと楽しそうに!」
先生からのアドバイスに自分の顔を想像して、みな笑ってしまいました。蝶々さんとピンカートンが歌っているときはただ立っていないで、友達同士おしゃべりをする動作をするように・・・
21日、もうすぐ出発です。


全員揃って通し練習 2019.10.14

本番まであとひと月。
ドイツから東京から、高崎・前橋から10名ほどが集まり通し練習がありました。

スケジュール
①13:00~15:00 着付けレッスン(3回目)
②16:00~18:00 メイク・レッスン(一回のみ)
③18:30~20:30 合唱通し練習 ソプラノの鈴木麻里子さんが参加し、蝶々夫人を歌ってくれました。鈴木さんの隣りに立ち、その歌声にウットリしていました。




自分で和服を着るために

オペラ蝶々夫人の舞台では、もちろん和服を着ます。その上、着付けも髪を結うのも自分でしなければなりません。
先週から10回コースの着付け教室に通い始めました。合唱のレッスン前にも着付けの練習が始まりました。
今日は髪を楽に結えるような長さにカットしてパーマをかけてきました。

合唱練習の前に着付けの練習 2016.10.5

7月から毎週金曜日、夜7時からイタリア語の勉強と合唱の練習をしています。
それに加え今日は午後4時から着付けの練習。着物を着たことはあるけれど自分で着るのは初めてです。レッスンを受けたのは5人。うち2人は習ったことがあり全くの初心者は私を含む3人。特に難しいのは帯を結う時です。手を後ろに回して帯を折り紐を通す、という動作ができないのです。汗びっしょりになった2時間でした。


合唱レッスン 2016.9.9

合唱の練習が2ヶ月経ちました。
本番まであと、二ヶ月半。
音が取れても言葉(イタリア語)にして歌えません。なのに暗譜なんて・・・
今日のレッスンで先生からの指示がありました。
10月5日に浴衣を着て通し練習をする。
そのため今月中に暗譜。
いよいよ本腰を入れて自主練習をしなくては。

イタリア語&合唱練習開始 2016.7.1


今日から週一回、勉強会が始まりました。
夜7時からイタリア語、8時から合唱の練習です。
イタリア語はチンプンカンプン。
合唱はピアノのユリアさんが演奏し、広美先生が蝶々夫人やピンカートンの部分を歌い
全体の雰囲気をつかむというものでしたが、楽譜を追うのが難しく、広美先生がどこをどう歌っているのかよくわかりませんでした。
これから先、とても不安!!!

来週は身につける着物をそれぞれ持っていき、バランスを考えるそうです。
ああ、着付けも習わなくては・・・
やることがいっぱいです。



エアチケット購入 2016.6.29

一大決心をしたものの不安はいっぱいです。
それを広美先生に言いたいけれど、ぐっと我慢し続けました。
だって自分で決めたことなのだから。
この日、団員名簿や練習日程表等がメールで送られてきました。
各自手配するエアチケットの便名も。
そこでアリタリア航空のチケットをネットで購入。
行きはみんなと一緒の便、公演終了後はシチリア島に2泊、ナポリに5泊する日程です。
先生に時刻・便名を知らせするメールで、思わず抑えていた不安をもらしてしまいました。

シチリア島に行きたいという思いから参加させてもらうことになりました。
正直、私に歌えるか、覚えられるか不安がいっぱいです。
それでも決めたからには精いっぱい練習してみようと思います。

すると先生からはこんなメールが・・・

歌えるように指導しますので、一緒に頑張りましょう。

「一緒にがんばりましょう」
この言葉に励まされ、先生に対する信頼感が増しました。



一大決心をしました 2016.6.14

今日は合唱団の練習日
1時間半の練習を終えると、広美先生が話かけてくれました。
オペラの合唱団に入るかどうかの確認です。
まったく自信がなく返事ができません。
すると先生が、「大丈夫。私が指導するのであなたならきっと歌えるようになるわよ」
と言ってくれました。
私はこの言葉に心が動きました。
ピアノのレッスンでもそうです。
こんな難しい曲弾けないかな、と思っていると
「大丈夫よ、あなたならきっと弾けるようになるわよ」と言ってもらい、
それが魔法の言葉のように私を勇気づけてくれるのです。
そして練習を重ねて行くうちに弾けるようになった経験があります。
広美先生と短い会話をして、私は一大決心をしました。



 ことのはじまり 2016.6.8

カナダ・バンクーバーに2週間滞在し帰国したのは5月25日でした。
その2週間後、広美先生のface book にこんなことが・・・
11月末、イタリア・シチリアの劇場に「蝶々夫人」スズキ役で呼んでもらうことになりました。
私が合唱指導をも兼ねるため、一緒にいってくださる合唱メンバーを探しています。

広美先生は私が昨年10月に入団した合唱団の指導者です。
昨年9月には群馬交響楽団創立70周年記念オペラ「蝶々夫人」にスズキ役で出演しました。
広美先生は桐生公演に出ましたが私はまだ先生と出会っていなかったので前橋公演を聞きに行ったのです。
face book でこの記事を読んだとき、シチリア島。。。、行ってみたいな!
そう思ってその記事に「超いいね」を押しました。

その日のうちに、広美先生からface bookのメッセージにコメントがありました。
私はオペラを聞きに行きたいだけだったのに、一緒に歌いませんか、というものです。
まさか合唱で舞台に立つなんて信じられないし、自信がありません。
不安がいっぱいです。それでも先生から「Yさんなら大丈夫よ」と返信がありました。
いちじんさんも折角のチャンスだからチャレンジしてみたら、と・・・
シチリア島へ行きたい気持ちが強くて、だんだんその気になってきました。




プロフィール

けいこ

Author:けいこ
since 2012.10

登りはまるでカメ
それでもいつかは山頂へ

最近の楽しみは 
ピアノの練習(2009.7~)

群響を応援しています


HP ちいさな輝き



リンク

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

お客さま 2014.2.12~