FC2ブログ

けいこの雑記帳

花や鳥 そして人との出会いに 心ときめきたい 

welcome party 2018.2.25

昨日から我が家にフィンランドからのお客様が来ています。
今日は家族揃ってwelcome party

食事のあとはみんなで得意なものを披露。
夫は宮崎県民謡「刈干し切唄」を歌いました。

20180225213133213.jpg


続きを読む>>

スポンサーサイト

留学生と群響へ 2018.2.24

スキャン_20180305 (5)

今日からホストマザーです。そして今日は群響の定期演奏会がある日です。
フィンランドの学生が来日する前、メールで一緒に定演行くか確認しておきました。
そして午後5時40分、受け入れ先の大学で引き継ぎをし音楽センターへ。

私といちじんさんは定期会員なので指定席のチケットを持っています。
留学生Tさんは当日自由席を買いました。
休憩時間にロビーで休んでいるTさん。プログラムに挟まれていた案内を見ていたようです。その中に2018年度の案内がありました。そして4月21日の内容に目が留まったようです。
そこにはシベリウスの交響詩《フィンランディア》作品26と書いてありました。
日本語が読めるの?と聞くと、英語で書いてかるから・・・、と。
余りにも小さな文字で私には読めません。家に帰って明るいところで読む見ると
Jean Sibelius / Finlandia, Op.26 と書いてありますた。
フィンランドの作曲家、シベリウスの作品が演奏されるので嬉しそうでした。


フィンランドから学生がやってくる~!

一昨日2月6日の夜、知人のY子さんから久しぶりに電話がありました。留学生を受け入れてもらえないか、というお話です。フィンランドの男子学生で2月24日から3泊ということ。ちょっと迷ったけれど、それくらいなら、とOKしました。
そして、今日、大学の国際交流センターへ。担当者の二人はとても美人で明るい女性です。直前までホストファミリーが決まらず、我が家で受けることになりホッとした様子でした。
二週間後、どんな学生さんがくるのか、楽しみがまた増えました。


またねえ 2017.8.11


2016.4.7アルゼンチンからやってきたアリエル。
とうとう日本を去る日がやってきました。
昨日は陶芸の仲間20人ほど集まってさよならパーティ。そのまま我が家に泊まりました。



続きを読む>>

手巻きずし 2017.8.1

自作の器で飲む酒はうまい!
二人とも寿司は大好きですが、こうして家庭で食べる手巻きずしは初めてのようです。
マグロ、タイ、ホタテ、イクラ、ツナマヨ・・・、みんな食べてくれました。
唐揚げや白ナスを焼いてみそを乗せたのも。

20170804091033608.jpg




続きを読む>>

第39回蕎麦くうかい 2017.7.28



Ariel and Anto Dada
作陶展4日目の夜、いちじんさんが打った蕎麦を食べてもらいました。

展示会のお知らせ 2017.7.24





 
 アルゼンチン出身の陶芸家、アリエルは日本の穴窯に興味を持ち昨年来日しました。
一年間穴窯陶芸家の元で修行を積み、
7月24日~8月7日ヤマダ電機のギャラリーで展示会を行います。 
今日搬入を終え、乾杯!


お花見(高崎~甘楽町小畑) 2017.4.9

アリエルが「桜を見たい」と言いので、お花見に出かけました。
彼がアルゼンチンからやってきたのは昨年4月末。
もう桜は散った後だったので、今年こそは!と思ったのでしょう。

お堀の近くの駐車場に車を止めて歩きだすと、桜が咲いていました。
それを見たアリエル、「わぁ~、すごい!」を連発しています。
見どころはこれからだよ~。
まずはお堀端から。
水面に映った桜もきれいです。

IMG_6605.jpg
 

続きを読む>>

可愛いお客様 2016.6.8

13332807_797385840398650_2858959919677975797_ オーエン&こはちゃん1

ともこさんは梅肉エキスを作りたいそうです。
それならと、いちじんさんは朝、せっせと梅をもぎました。
折角ともこさんが来てくれるなら、今アメリカから里帰り中のあきこさんにも声をかけるとおーちゃんを連れて遊びにきてくれました。




13407285_797385880398646_762073316170789768_n おーえん&こはちゃん 
会うたび大きくなり、おーちゃんは片言を話すようにもなりました。
楽しいひと時をありがとう、また会おうね!!!


蕎麦party

IMG_2679_20151121072131c38.jpg

カナダ・バンフからのお客様を迎えて、蕎麦をふるまいました。


続きを読む>>

おーちゃんがやって来た

IMG_2259.jpg

おーちゃんに初めて会ったのは2014年夏、アッシュランド・オレゴン州でした

あれから一年。
里帰り中に、蕎麦partyをしました。





続きを読む>>

おーちゃんがやって来た①

IMG_2084.jpg

アメリカはオレゴンからやってきたあっこさんとおーちゃん。
里帰り中に遊びにきてもらいました。



続きを読む>>

蕎麦くう会



2011年5月から作ったアルバム。
我が家に蕎麦を食べに来てくださった人達の写真を集めたものです。
今日で34回を迎え、2冊になりました。
写真をパラパラめくると、懐かしい顔に出会えます。
昨年11月はカナダから一時帰国したお二人でした。

カナダからのお客様

私たちがカナダ・ウィスラーを訪れたのは今年の7月。
そのとき泊まったB&B Chalet Beau Sejour B&B のご夫婦が10月16日、日本にやってきました。2週間ほどの滞在中、高崎にも寄ってくれました。
 
 昼食は我が家の近くのインデアンカレーのお店で。

Sue02.jpg 




続きを読む>>

The Canadian student came over

2-0103.jpg

続きを読む>>

キズナ強化プロジェクト



2012年7月、ニューヨークの学生が「キズナ強化プロジェクト」により、福島にやってきました。
そのときの感想を伝えています。


「キズナ強化プロジェクト」とは・・・

アジア大洋州地域及び北米地域との青少年交流
(キズナ強化プロジェクト)



来月、カナダから男子学生が1名、このプロジェクトにより、2泊3日の予定で我が家にやってきます。
被災地を訪れ、その後、高崎にやってくるのです。
さて、福島へ行って、どんな体験をしてくるのでしょう。




89歳の人と

蕎麦が好きで、知り合いから打ち方を教わったのが10年前。
はじめはツルツル、と麺をすするには程遠いものでした。
そのうち、いちじんさんも打つようになり、今ではメキメキ上達。
3人の息子家族たちもみんな蕎麦が大好きです。
5歳になる孫は、離乳食を卒業したころから食べるようになりました。

今では友人知人にも振る舞います。
最近、「蕎麦くう会」と名付けた、いちじんさん。
第4回は8月8日、お客様は近所に住む母の友達3名。
88歳の米寿の祝いを過ぎたNさんご夫妻と80歳の女性、Iさんです。

Nさんは、おじいちゃんと呼ぶのが失礼なほど、はつらつとしていました。
旅行が好きで、年末年始には船で外国に行くとか。

つねづね、「足腰の動くうち、70歳までかな?」と言っている私たち。
このご夫婦の行動力に刺激されました。

それでも、港まではどうするのか心配すると、
「横浜まで荷物を宅急便で送ってしまえば、電車で楽に行けますよ」
といとも簡単に言いました。

話題は音楽のことに移りました。
Nさんはクラシックにも興味を持っていました。
若いころから群響のコンサートにはよく出かけたとか。
そこで、レオニード・グルチンさん&ユリア・レヴさんのコンサートの案内をしてみました。

「みんな知っている曲ですね。どれも有名な曲ですから」
チラシを見たNさんは、興味を持ってくれました。
「最近は車を運転できなくて・・・。コンサートともご無沙汰ですよ」
残念そうなNさんに、車で送り迎えしますよ、と言うと一つ返事をしてくれました。

コンサート会場で母の隣に座ったNさんは、曲の説明などを母にしてくれたそうです。
帰りの車の中では群響の話題で盛り上がりました。

10月16日、「第10回蕎麦くう会」の最中、電話がなりました。
Nさんが亡くなったという訃報です。
享年89歳でした。

合掌


プロフィール

けいこ

Author:けいこ
since 2012.10

登りはまるでカメ
それでもいつかは山頂へ

最近の楽しみは 
ピアノの練習(2009.7~)

群響を応援しています

HP ちいさな輝き



リンク

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

お客さま 2014.2.12~