けいこの雑記帳

花や鳥 そして人との出会いに 心ときめきたい 

チャイコフスキー「待雪草」四季より四月 2018.4.18

2018041823225090f.jpg 

2月11日から譜読みを始めて2ヶ月ちょっと。だいたい音取りができるようになりました。
今日のレッスンで、つっかえながら弾き終えると先生は「できたわね、おめでとうございます!」と小さく拍手をしながら言ってくれました。「これなら発表会に弾けそうね」とも。
次のアルペジオは6月の終わりか7月です。それまでには何とかなるでしょう、と先生。
そして今日注意されたことは、

続きを読む>>

スポンサーサイト

ピアノ愛好会女子会 2018.3.27

ピアノが好きなお友達が集まって発表会(練習会)を鬼石町の多目的ホールで行いました。
メンバーは6名。今日はひとり欠席で5名の参加です。
終了後はいつものピザ屋さんでランチ。
そして神川町のカタクリの里へ行ってみました。

2018032720460185d.jpg 


続きを読む>>

ピアノ愛好会女子会の前に 2018.3.26

明日はピアノ愛好会女子会です。
発表会のような練習会のようなゆるいものですが、明日弾く3曲をビデオに撮ってみました。
You Tubu にアップするほどのものではありません。
でも弾けなくなってしまう前に残しておこうと思って・・・

続きを読む>>

セレナーデ/ギロック 2017.12.6



ギロック叙情小曲集。1年前に買ったまま練習しないで眠っていました。
ピアノの曲を余り知らないのでネットで私にも弾けそうなものを探していて、この曲集の見つけたのです。しかし、この曲集をレッスンで使うことはありませんでした。

前から弾いてみたかったセレナーデを弾き始めたら素敵な和音がして、嬉しくなりました。

ピアノ愛好会女子会 2017.11.28

IMG_0459.jpg

この日集まったのは6人。順番に舞台の上でピアノを弾き、聞いている人はおしゃべりをしていてもかまわないという、気ままな発表会です。終わったら近くのピザ屋さんでランチ。
年に3回あるピアノ愛好会の発表会の合間に練習をしよう、と友達二人で始めたのがいつしか定例になりました。
私が弾いたのはショパンのノクターン2番。来年4月1日にピアノ教室の年に一度の発表会がありそのとき弾く予定です。毎日練習して家ではちゃんと弾けるのに、友達5人が聞いているだけで途中間違えてしまいます。
もう一曲はバッハのプレリュード。友達のバイオリン(グノーのアベマリア)と合わせました。こちらは前から比べて二人の息が合うようになったようです。

そしてこの日、メンバーの一人からみんなにプレゼントがありました。手のひらサイズの手作りスノーマンです。







NHK趣味百科 ショパンを弾く(レッスン) ノクターン 2017.11.27


今、ショパンのノクターン2番を練習しています。
YouTubeでこんなレッスン番組を見つけました。前半が2番、後半が遺作の2曲です。
先生の指導は「なるほど~」と思うことばかりですが、それを実践するのは難しいです。
弾き方に癖がついてしまっているので、それを直すのも大変。
でもときどきこの動画を見て勉強してみましょう。



ピアノ愛好会女子会3017.9.25



恒例となった女子会。
なんだか会場に慣れたのか集まる人に慣れたのか、最近舞台に上がっても緊張感がなくなってしまいました。間違えても止まってしまっても。
そこで今回は発表会形式で練習しようと提案。2時間、5人が一曲ずつ順番に弾きました。
友達はどんどん上達しているのが分かります。いっぱい刺激をもらってまた明日から練習に励みましょう。


ショパン・ノクターン2番 2017.9.3

ピアノ教室の発表会が終わり、次の練習曲に選んだのがショパンのノクターン2番。
4月から5ヶ月。私に弾けるだろうか、と思ったけれどあと少しで譜読みが終わります。
一番の難関は最後の部分。早く弾くのはできなくても、きれいに弾きたいです。

 



そこでネットで探してみるとありました。
この練習方法を試したら少し滑らかになったようです。
まだまだ早くは弾けませんが・・・







ピアノ愛好会女子会 2017.7.25



2ヶ月に1回、ピアノ愛好会の女子会をしています。今日は5人集まりました。
なかなか新しい曲が仕上がらないので前回に弾いた曲を、と思っても忘れているところが多くて焦ります。それでも少し練習すると、また弾けるようになるので嬉しいです。
もしこの女子会がなければ、その曲は眠ってしまうかも知れません。
今日は前回同様、メンデルスゾーンのベニスのゴンドラの歌、他を弾きました。
上手な人が二人いて私の憧れです。そんな思いがまた明日から練習に繋がります。
楽しみは練習後のランチ。ピアノのことを話題にできる会話は楽しいです。

バッハのプレリュード&グノーのアベマリア 2017.5.23

バイオリンを習っている友達からデュオをしないかと誘われました。
何の曲にするかあれこれ迷った末、グノーのアベマリアに決定。
伴奏はバッハのプレリュードで、ソナチネアルバムに入っています。
今日はその練習日、場所は私の家です。
ピアノの練習が充分でなく、時々止まってしまいました。
それでも何回か弾いているうちにだんだん合ってきます。
なんだか楽しくなってきました。

IMG_7517-002.jpg





ピアノ教室・大人の発表会 2017.4.2

DSC_6431.jpg 

今年は「アルルの女よりメヌエット/ビゼー」を弾きました。
この曲は4年前、久美子先生が弾いた曲です。
私もいつか弾いてみたいと思い続けて4年。それがやっと叶いました。
私の番は休憩を挟んだ2部の中ほど。
発表会が始まった12時半からずっとソワソワしていました。
自分の番の前になると緊張感はピーク。何度も深呼吸をして舞台に上がりました。
リズムがいつもより早くなってしまいました。
曲想が変わるところで心を落ち着け、少しテンポを遅くしたつもりですが実際はどうだったのか?
緊張感を少しでも和らげようと、鍵盤から目を離し空間をボケっとみました。
少しは落ち着いたようです。




「大人のピアノ教室」発表会リハーサル 2017.3.20

2週間後の発表会に向けて今日リハーサルがありました。
いつになったらドキドキしなくなるのでしょう。

20170320220836fa2.jpg 



あこがれのワルツ



ピアノ愛好会のお友達から楽譜の本を4冊貸してもらいました。
私のレベルを良く分かってもらっているので、とてもありがたいです。
その中から選んだのシューベルトの憧れのワルツです。
右手が難しそうですが、たくさん練習すれば何とかなりそうです。
楽しみができました。






ピアノ愛好会・練習会2016.4.30

2016.4.30(土)YAMAHAミュージックスクエア高崎サロンにて
時間16:00~17:30 参加者9名
終了後、懇親会
2月の定例会が都合で開催できなかったので、その代わりに練習会として開かれたものですが、プログラムがないだけでほとんど発表会形式で行われました。
私は3月にピアノ教室の発表会で弾いたモーツアルトのピアノソナタK545、第二楽章と、メンデルスゾーンのベニスのゴンドラの歌op.30-6の2曲を弾きました。
いつも持ち時間は10分程度ですが私は毎回短いものを一曲弾くのが精いっぱい。今回、初めて2曲に挑戦してみました。10分近い時間、緊張感を持ち続けられるか不安でしたが、以外と落ち着いて弾けました。
懇親会のとき、何人かが「上手になったね」とほめてくれました。「止まらないで弾けるようになったものね・・・」そんな褒め言葉ですが、今の私にはそれだけでうれしいのです。
そしてアドバイスももらいました。左手が強すぎるので右手をもっと大きくした方が良いというのです。いちじんさんも言いました。他の人の大きさと全然違うね、と。これからの課題です。
とにかくこの日は発表会で2曲弾いたこと、止まらずに弾けたこと、の記念日です。
次回は6月。また練習に励みましょう。


ピアノ教室・大人の発表会 2016.3.21

DSC_0747.jpg

舞台に立つのは緊張します。それでも終わってみれば楽しかったです。
この日の為に毎日練習してきたその過程も楽しいものでした。
大人になって始めたピアノ、一生楽しんでいけそです。
(モーツアルトのソナタk545第2楽章)

暗譜ができた!

IMG_5489.jpg
モーツアルトのピアノソナタK545、第二楽章

ピアノの発表会を2週間後に控えたレッスン日、先生からたいそう誉められました。
習い始めて7年。こんなこと多分初めて。
いくつになっても褒められるって、うれしいものです。

そして2日後は発表会のリハーサル、それほど緊張しないで多少失敗しながらも弾けました。
しかし目の前から楽譜を外すと、途端に弾けなくなってしまうのです。
リハーサル後、先生にそのことを話しました。
「それなら楽譜を見てもいいわよ」と言って欲しかったのです。
ところが予想外の返事がありました。
「あと2週間あるから暗譜できるわよ」と。
そして秘策を教えてくれたのです。

翌日から言われたままの練習方法をとりました。
初めの1ページは楽譜がなくてもそこそこ弾けるのに次からはメタメタ。
2段の楽譜を何度も何度も暗譜できるまで弾き続けました。
すると細かい音の動きが見えてきて、インプットの仕方が変わってきました。
同じ2段だけを2日も3日もかけて覚え、次に移る。
この方法は集中力を増せたようです。
覚えることが楽しくさえなってきました。
今までのように全部通しで弾いていたら、弾けなかったところを何度か弾きなおす程度でおしまい。
結局、飽きてしまって、暗譜している他の曲を弾きたくなってしまうのです。

一週間経って、とうとう暗譜できました。
発表会まで、あと一週間。これからは何度も通して弾く練習をしていきましょう。


大人のピアノ教室発表会

IMG_0847-001.jpg

お友達Kさんの演奏
会場は前橋市文化会館小ホール。

ショパンの「ワルツイ短調」を予定していたのですが、なかなか思うように弾けず、
発表会の直前3月6日になって、曲目を変更しました。


続きを読む>>

女神湖ピアノ合宿

01_201409292320307e4.jpg
ペンション「優しい時間」

同じピアノ教室に通う仲間ら10名で一泊旅行に出かけました。
題して、「女神湖ピアノ合宿」






続きを読む>>

トロイメライ(シューマン)

image1_20140920104636e02.jpg

私はグループレッスンで学んでいます。
そこで一緒の人が弾いているのを聴き、私も弾いてみたくなりました。
練習を始めたのは今年2月。
楽譜は一枚だし、何とかなるだろう・・・、と思ったのは甘かったです。
初めの一小節を弾くのに一ヵ月もかかってしまいました。
「これは私には難しすぎるので止めようと思います」と先生に話すと、
「そんなことないから、続けてごらんなさい」と言われました。

それから8ヵ月。
ベートーヴェンのワルツ変ロ長調を練習しながら、この曲も少しずつ弾き続けてきました。
やっと、どうにか譜読みが終わったのです。
長かった~。


20140920100541212.jpg

ところが、コーダのところで指の届かない和音が出てきて仰天。
2回に分けて弾けばいいそうですが、難しいです。
この部分を含めて、まだまだ練習しなくては・・・





女神湖ピアノ合宿計画

楽しいことはすぐに決まります。
ウィーンへ行ったピアノ教室の仲間たちで一泊合宿をすることになりました。
場所は蓼科高原、女神湖のすぐ近くにある、「ペンション優しい時間」
なんとスターウェインのフルコンサートグランドピアノがあるというのです。
しかもオーナーの奥さまがピアニスト。
美味しいお料理をいただいたあと、ピアノの演奏も聴けます。
私たちが演奏するのも問題ないようで、音楽好きな人たちが集まるペンションのようです。

この宿を知ったのはもう2年ほど前。
ピアノ愛好会のお友達が勧めてくれたのです。
いつか泊まりたいと思っていたのが、やっと9月に実現しそうです。
その前に練習をしなければ・・・


プロフィール

けいこ

Author:けいこ
since 2012.10

登りはまるでカメ
それでもいつかは山頂へ

最近の楽しみは 
ピアノの練習(2009.7~)

群響を応援しています


HP ちいさな輝き



リンク

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

お客さま 2014.2.12~