けいこの雑記帳

花や鳥 そして人との出会いに 心ときめきたい 

89歳の人と

蕎麦が好きで、知り合いから打ち方を教わったのが10年前。
はじめはツルツル、と麺をすするには程遠いものでした。
そのうち、いちじんさんも打つようになり、今ではメキメキ上達。
3人の息子家族たちもみんな蕎麦が大好きです。
5歳になる孫は、離乳食を卒業したころから食べるようになりました。

今では友人知人にも振る舞います。
最近、「蕎麦くう会」と名付けた、いちじんさん。
第4回は8月8日、お客様は近所に住む母の友達3名。
88歳の米寿の祝いを過ぎたNさんご夫妻と80歳の女性、Iさんです。

Nさんは、おじいちゃんと呼ぶのが失礼なほど、はつらつとしていました。
旅行が好きで、年末年始には船で外国に行くとか。

つねづね、「足腰の動くうち、70歳までかな?」と言っている私たち。
このご夫婦の行動力に刺激されました。

それでも、港まではどうするのか心配すると、
「横浜まで荷物を宅急便で送ってしまえば、電車で楽に行けますよ」
といとも簡単に言いました。

話題は音楽のことに移りました。
Nさんはクラシックにも興味を持っていました。
若いころから群響のコンサートにはよく出かけたとか。
そこで、レオニード・グルチンさん&ユリア・レヴさんのコンサートの案内をしてみました。

「みんな知っている曲ですね。どれも有名な曲ですから」
チラシを見たNさんは、興味を持ってくれました。
「最近は車を運転できなくて・・・。コンサートともご無沙汰ですよ」
残念そうなNさんに、車で送り迎えしますよ、と言うと一つ返事をしてくれました。

コンサート会場で母の隣に座ったNさんは、曲の説明などを母にしてくれたそうです。
帰りの車の中では群響の話題で盛り上がりました。

10月16日、「第10回蕎麦くう会」の最中、電話がなりました。
Nさんが亡くなったという訃報です。
享年89歳でした。

合掌


関連記事
スポンサーサイト

コメント

合掌
お知り合いがなくなるというのは寂しいですね。

この歳になると訃報が多くなり、だんだんさびしくなります。

蕎麦打ちの腕、上手なようですね。
妻が蕎麦打ちの会に入っていますが、人を招待するほど上手になりません。愉しそうな会のようですね。

先週、軽井沢の大賀ホールで、国際オーボエコンクールの受賞者と審査員のコンサートで群馬交響楽団を聞かせていただきました。
グルチンもいらっしゃいました。
オコジョ|2012年10月18日
オコジョさんご夫妻もお蕎麦がお好きなようですね。
そんな方に「蕎麦くう会」のお誘いをしています。
気まぐれにやっていますので、フラリとお寄りください。
v-5を教えてもらえれば、ご案内します。

大賀ホールは一度だけピアノを聴きに行ったことがあります。
緑に包まれたところにある素敵なホールですね。

 
けいこ|2012年10月18日
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hinazakura621.blog.fc2.com/tb.php/11-8e80f7aa

プロフィール

けいこ

Author:けいこ
since 2012.10

登りはまるでカメ
それでもいつかは山頂へ

最近の楽しみは 
ピアノの練習(2009.7~)

群響を応援しています


HP ちいさな輝き



リンク

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

お客さま 2014.2.12~