けいこの雑記帳

花や鳥 そして人との出会いに 心ときめきたい 

水沢山で雪山ハイク

07_2014030123142205b.jpg

標高1194.1mの水沢山で雪山歩きができるなんて・・・。
100年に一度?の大雪があったからです。
2月14日から15日にかけて降った雪は、2週間が経ってもまだまだ残っていました。



01_20140301231515edc.jpg

この日は4月のような陽気です。
まるで標高2000m級の春山を歩いている気分になれました。


このコースを歩くのは2度目です。
ところが、何て疲れること。

体力の衰えか?

それとも雪の上を歩くのは疲れるのか?





02_20140301231516061.jpg

稜線にでると、一気に視界が開けてきます。






03_20140301231518a59.jpg

何か鳥は飛んでいないかな?
山頂はもうすぐかな?
そんな様子のいちじんさん。






04_20140301231519cc4.jpg

赤城山





05_20140301231521088.jpg

ここから山頂まではあと少しです。





06_20140301231600e64.jpg

頂上に到着。





07_20140302194740da8.jpg

3人の男性がワカンを装着して反対側の方へ下りてゆきました。
先ほどまでは賑わっていたのに、これで誰もいなくなってしまいました。





08_20140301231602596.jpg

小野子、十二ヶ岳方面
その向こうにあるはずの谷川連峰の山々は見えません。

しばらくすると、反対側に下って行った人たちが戻ってきました。
トレースが余りついていないので歩き辛く引き返したそうです。





09_20140301231603c6c.jpg

上空は強い風が吹いているのでしょうか。
ビュービュー音がしています。
それでもこの辺りはさほど風がありません。

お昼におにぎりひとつと梅ジャムパンを食べました。
梅ジャムは昨年の初夏に作り置きしておいたものです。
今、庭の梅の花が満開。
また今年もたくさんジャムを作ってみましょう。


食べ終えるとすぐに下山を開始しました。
下りは雪が融けかかっているので、滑って尻もちをつくことも度々。
ずっと足元を見ながら気を抜く暇がありません。


やっとの思いで「お休み石」まで下ってきました。





10_20140301231604ef6.jpg

山頂から反対側へ下って行って引き返してきた人たちです。
「お休み石」からは傾斜も緩やかになり、少しは歩きやすくなりました。




水沢山で雪山ハイクができたのは、後にも先にも今年だけではないでしょうか。





関連記事
スポンサーサイト

コメント

雪山のようですね。
けいこさん、こんばんは(^^)
本当に、雪山のようですね~♪わたしは、どこにも出かけませんでしたが、
けいこさんといちじんさんは、貴重な体験をされたのですね。
それにしても、いちじんさん、かっこいい~♪

アッシュランド行も、楽しみですね。気を付けていってらっしゃい。
リアルタイムのFBも楽しみにしています。
sizuku|2014年03月04日
sizukuさんへ
この山は冬の低山歩きとして楽しむところです。
こんなに雪が多いことは二度とないでしょうねね。
サングラスをしたいちじんさん、いつもと違うでしょ。
sizukuさんに褒められて照れくさいのでは。。。

アメリカとカナダを同時に旅しようと欲張っています。
今はカナダのバンフの宿探しに四苦八苦しています。
けいこ|2014年03月05日
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hinazakura621.blog.fc2.com/tb.php/176-93fd701a

プロフィール

けいこ

Author:けいこ
since 2012.10

登りはまるでカメ
それでもいつかは山頂へ

最近の楽しみは 
ピアノの練習(2009.7~)

群響を応援しています


HP ちいさな輝き



リンク

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

お客さま 2014.2.12~