けいこの雑記帳

花や鳥 そして人との出会いに 心ときめきたい 

力を抜くということ

ピアノレッスンはここ半年くらい、「力を抜く」ということばかりです。
毎回毎回、同じことを何度も言われ続けてきました。
指で鍵盤を押さえたあとは指がくねくね動くまで力を抜く。
いつもこればっかりです。
先生はいろいろな方法でどうやったらそれができるか説明してくれました。
徹底的に叩きこまれたので、頭では分かってきましたが思うようにできません。
そがどういう結果になるのか?という思いもありました。

それでも先生の言われるままにやり続けました。
すると、だんだん指が滑らかに動くようになってきたのです。
次は開いた手はすぐに小さく丸めるようにする、ということ。
そして手首、肘、肩、背中、とみんな力を抜くようにと・・・

最近、感覚がつかめたようです。
指の力を抜いて開いた手はすぐに丸めるようにすると、本当に指が回ってくるのです。
これが自分の指?今までとはまったく違った弾き方になってきたようです。
力が入っていると言われた左の肩。これも少しずつ抜ければいいのですが。


関連記事
スポンサーサイト

コメント

脱力
力を抜くこと、本当に大事なんだろうな〜と思いながら、なかなかできません。
でも最近練習後に腕に疲労がたまる感じになってしまって、「脱力の練習」をせざるを得なくなってしまいました。

けいこさんが「力がすごく抜けてきたんですよ〜」と先生が言ってました。見習わなければ。
あらき|2014年03月20日
Re: 脱力
私もたくさん練習した曲は余裕が出てきて脱力できるのですが、
譜読みをしている段階では、まだまだ力が入ってしまいます。
先日のレッスンでは「指先だけで弾いているみたいね・・・」と先生から指摘。
力を抜くことだけに気持ちがいっていまったようです。
どうも良い音がしないな、と思っていました。
加減も難しいですね。

けいこ|2014年03月21日
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hinazakura621.blog.fc2.com/tb.php/179-12284541

プロフィール

けいこ

Author:けいこ
since 2012.10

登りはまるでカメ
それでもいつかは山頂へ

最近の楽しみは 
ピアノの練習(2009.7~)

群響を応援しています


HP ちいさな輝き



リンク

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

お客さま 2014.2.12~