けいこの雑記帳

花や鳥 そして人との出会いに 心ときめきたい 

引っ越し

01_20140330211158027.jpg

3歳になった孫
ピアノが弾きたいと言いました。
椅子に座らせてあげると、ピアノの上を指さして「取って!」と言います。


しばらくは何のことかわからなかったのですが、どうやら楽譜のことのようです。
譜面台に置くと、ページをめくって欲しいという素振りをします。
なかなか納得のいくページにならないようで、何ページか目にやっと落ちつきました。
これから弾くのかな、と思ったら今度はメトロノームが見えたようです。
ただカチカチとなる音が楽しいようで、いろいろなテンポを試していました。
最後に何度か両手をバンバンと鍵盤に叩きつけてお終い。

しばらく前までは、私が弾き始めると、そばに寄ってきて鍵盤を叩き出しました。
ところが最近は私が弾いているのをしばらくは聴いていられるようです。
リズムに乗ってくると、大好きなボールで遊び始めます。
フィギアスケートのつもりでしょうか。
1mほどのヨガボールの回りをクルクル回り始めます。
ピアノに映った姿を見ていると足を上げたり、それはもう真剣。

この子と一緒にピアノを習い、連弾をするのが楽しみでした。

しかし。。。




03_20140330211200cf1.jpg

1週間ほど前、この子のパパは職場の人からこんな花束を頂いてきました。



3月25日、とうとう引っ越しの日がやってきました。
高崎からみんなで一緒にドライブ。
富士山がだんだん近づいてきます。
甲府の街に入ると八ヶ岳や南アルプスの山並みが見えてきました。
「わぁ~、綺麗!」
山好きな私たちには願ったりの場所です。
2時間40分でアパートに着きました。
部屋から富士山が見えて感激!
大家さんは「どうってことないですけどね・・・」と淡々としていましたが。






02_2014033021115971e.jpg

お昼はアパートの近くにあるホテルのレストランへ歩いて行きました。
とても暖かくて穏やかな引っ越し日和です。
窓から富士山を眺めながら美味しい食事をいただきました。


「バイバイ。また遊びに来るね」と玄関先でいつものように別れようとしました。
孫は雰囲気の違いを察しているのでしょうか。
パパに抱っこされ顔をパパの胸に埋めたまま、私たちの顔を見ようとしません。
私も別れが辛くなりそうで、さっと玄関のドアを閉めました。

帰りは電車です。
八高線で移動しているころ、山里に沈みかけた夕陽がとてもきれいでした。


関連記事
スポンサーサイト

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hinazakura621.blog.fc2.com/tb.php/188-7b15047a

プロフィール

けいこ

Author:けいこ
since 2012.10

登りはまるでカメ
それでもいつかは山頂へ

最近の楽しみは 
ピアノの練習(2009.7~)

群響を応援しています


HP ちいさな輝き



リンク

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

お客さま 2014.2.12~