けいこの雑記帳

花や鳥 そして人との出会いに 心ときめきたい 

榛名・天狗山1179m

31.jpg

山頂から臨む浅間山


朝5時半、先に目覚めていたいちじんさんが「さあ、山に行くぞ・・・」と元気満々。
外は良い天気です。朝に弱い私も、だんだん拍車がかかってきました。
この日は午後2時から倉渕でコンサートがあり、行動期間は限られます。
はじめ浅間隠山はどうかと。しかし、私には無理そうです。
あれこれ悩み、最後にいちじんさんが提案したのが天狗山。
それなら私も大丈夫、と急いで支度を始めました。


04_20140504095042eb6.jpg
歩き始めは8時。
朝陽が眩しく輝いています。
オオルリやミソサザイの囀りが聞こえてきました。
この道でオオルリが目の前に現れた日のことを思い出します。





03_201405040950416d1.jpg
エイザンスミレ





05_20140504095043dee.jpg
マルバスミレ





06_201405040950452dc.jpg
オトメスミレ?
タチツボスミレの白い花がオトメスミレ、と覚えていました。
図鑑を見たら「距(キョ)は紫色を残す」とあります。
そして距まで白いのはシロバナタチツボスミレとのこと。
難しい!




08_20140504104314fbf.jpg
オトメスミレとタチツボスミレ





09_20140504104316af6.jpg
エイザンスミレ






10_20140504104318b68.jpg
エイザンスミレ






11_20140504104319e14.jpg
こんな森の中を歩いていると、遠くからツツドリの声が聞こえてました。
どこからかヤブサメの声もします。しかし、この声はとても高音で私にしか届きません。


鳥の声が聞こえると上を向き、
静かになると足元に目をやります。



12_20140505071751621.jpg
アケボノスミレかスミレサイシンかよく分かりません。






12-1.jpg
顔の中をのぞかせてもらいました。
側弁の基部に毛がないので、スミレサイシン?
しかし、アケボノスミレは毛のあるものと無いものがある、ようです。
私には区別ができません。





12-3.jpg
別の場所で見たアケボノかスミレサイシンか、よく分からないもの。






14_20140504104429b90.jpg
シジミチョウが羽を休めていました。





19_20140504104807235.jpg
コガラ





20_2014050508373212b.jpg
ヒゲネワチガイソウ





18_20140504104806665.jpg
フモトスミレ






30.jpg

岩がゴツゴツした山頂でオレンジを食べてひと休み。
下山後は相間川温泉でひと汗流し、お蕎麦を食べて休み暇もなく倉渕村へ移動。
午後2時からの「窯出しコンサート」にどうにか間に合いました。







関連記事
スポンサーサイト

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hinazakura621.blog.fc2.com/tb.php/201-6b1cf53a

プロフィール

けいこ

Author:けいこ
since 2012.10

登りはまるでカメ
それでもいつかは山頂へ

最近の楽しみは 
ピアノの練習(2009.7~)

群響を応援しています


HP ちいさな輝き



リンク

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

お客さま 2014.2.12~