けいこの雑記帳

花や鳥 そして人との出会いに 心ときめきたい 

三国山~平標山の家

33.jpg
シラネアオイが見たくて上越国境にやってきました。
2年振り2回目です。


02_2014060212361374a.jpg
マルバスミレ

三国トンネルを越えたところに登山口があります。
スタートは6時40分。
キビタキの声があちこちからしてきました。





01_20140602123611c3b.jpg
オオタチツボスミレ




03_20140602123614b38.jpg
ニリンソウ





04_20140602123615d18.jpg
ニョイスミレ






05_20140602123616051.jpg
オオバキスミレ





06_20140602123653b61.jpg
木々を抜けると苗場山が見えてきました。





07_20140602123655499.jpg
フモトスミレ





08_20140602123656756.jpg
タチツボスミレ






10_201406021236579a9.jpg
苗場山を見ながら三国山へ続く階段を登っていきます。




11_20140602123724928.jpg
ウソ




12_20140602123726d89.jpg
三国山到着





13_20140602123728221.jpg
ヒガラ

今日はいっぱい鳥たちが囀っています。
センダイムシクイ、メボソムシクイ、カッコウ、ツツドリ、ホトトギス、ジュウイチ、・・・。
トケン類が全部いたことになります。





14_20140602123729158.jpg
今日はお目当てのシラネアオイよりシャクナゲが見ごろを迎えていました。


近くでコルリが鳴いています。
しかし姿を見ることはできず、そのまま歩きました。
すると、後ろからいちじんさんが、「ここにいるよ!」と。




15_20140602123730705.jpg
コルリ




16_20140602123757c7f.jpg
タムシバ






17_2014060212375850f.jpg
いくつかピークを上り下りしなが行きます。
一番左の山が平標山でまだまだ先は長い!
でも、ここからが大好きな道です。
谷川連峰の山々を楽しみながら歩きました。






18_20140602123759000.jpg
ヒメイチゲ




19_20140602123801677.jpg
オオバキスミレ





20_20140602123802276.jpg
アズマシャクナゲ






21_20140602123834f85.jpg
イワカガミ





22_20140602123836338.jpg
谷川連峰をバックにシラネアオイ
黄色いスミレもたくさん咲いていました。





23_20140602123837931.jpg
シラネアオイ





24_20140602123839117.jpg
ツバメノオモト





25_20140602123840776.jpg
キベリタテハ
成虫で冬を越したのでしょう。
羽がボロボロです。





26_201406021239093a6.jpg
イワナシ





27_20140602123911be9.jpg
ムラサキヤシオ





28_20140602123912862.jpg
ムラサキヤシオ





29_20140602123914849.jpg
谷川連峰





30_20140602123915f44.jpg
少しだけ残雪の上を歩きます。
このあたりから、体調の異変が。。。
登山口から三国山までの登りが自分のペースではなかったようです。

曲がった木の枝がちょうどよいベンチで、そこに座ってひと休み。





31_201406021239455d1.jpg
まだ葉が繁っていないので、回りの山々が良く見えます。




32_201406021239474c4.jpg
ヤマザクラはほとんどが蕾。
この木にだけ咲いていました。





33.jpg
再びシラネアオイ
背景の山を画面に入れるには体を低くしなければなりません。
疲労が溜まってその動作が苦しくなりました。




34.jpg
やっと、ここまで来ました。
先はまだ長いです。それに、アップダウンを繰り返えさなければ。。。

ちょっと、嫌になってきました。




35.jpg




36_20140602124018a11.jpg
ミヤマスミレ

このあたりにたくさんスミレが咲いていました。
写真を撮りたいけれど、それが大変でみなパス。




37_201406021240209e5.jpg
苗場が近付いてきたような気がします。
あの山も苦しかったな・・・、と思い出します。





38_20140602124022cc9.jpg
アズマシャクナゲ




39_2014060212402318a.jpg
アズマシャクナゲ





40_20140602124025678.jpg





41_20140602124053255.jpg
ショウジョウバカマ





42_2014060212405584f.jpg






43.jpg
アズマシャクナゲ




44.jpg
アズマシャクナゲ





45.jpg



46.jpg
ツバメノオモト





47.jpg
平標山がグンと近付いてきました。
しかし登る元気はありません。
それどころか、今アップダウンを繰り返してきた道を帰るの嫌になりました。





48.jpg





49.jpg
いつかは登ってみたい仙ノ倉岳。






50.jpg



51.jpg
やっとの思いで平標小屋に到着。
食欲がなく、どうにはおにぎり一つだけ食べられました。

1時間ほどゆっくり休んで下山。
「このまま降りるか?」といちじんさん。
私は迷うことなく「うん」と。

このままとは平標山へは登らず、来た道を三国トンネルまで戻るのでもなく、
直接、登山口の元橋へ下ることです。
しかし、元橋から三国トンネルまでは登りで徒歩50分。
いちじんさんは、タクシーを使えばいいよ、と言ってくれました。





52.jpg
ブナ林の中をキビタキの声を聞きながら下ってゆきました。

ピョンピョン調子よく下っていったら、またまた体調が悪くなってしまいました。
手足のしびれ、めまい、心臓のパクパク・・・。
休み休みゆっくり下ってきました。




53.jpg
ニョイスミレ



体力に自信をなくしてしまった一日でした。






関連記事
スポンサーサイト

コメント

まだまだスミレがいっぱいでいいなぁ… って読んでました。
このあたりまで来ると、葉っぱの感じとか、ナエバキスミレ
っぽいですね。
雪山をバックにしたアズマシャクナゲやシラネアオイもいい
ですね。それにしてもけいこさんて、正直。ピークハンター
でない私なら、スミレが無くなればさっさと下山しちゃうで
しょうね。「平標って、花がいいよ」って聞いてたけれど、
結構きつそうですね。
翼|2014年06月03日
翼さんへ
私もナエバキスミレの感じがしたんですが・・・。
正直、よく分かりませんでした。
スミレに出会うと嬉しくなりますが、図鑑を持っていても何が何だか。。。
だんだん覚えてきますよね。
平標のお花畑は一度はいいですよ。
一面に咲くハクサンイチゲは見ものです。
元橋からの登りはちょっときついけれど、それだけのことはあると思います。



けいこ|2014年06月05日
私も一昨年、反対側からを歩きましたが、登りの階段がきつかったです。
私にはカメラ三脚を持っての山は、もう平標山が限界のようです。
ハクサンコザクラを見たくてなんとか頂上まで登りました。
6月24日でしたが、ナエバキスミレもまだ残っていました。
やまそだち|2014年06月05日
やまそだちさんへ
三脚を持っての平標山は、さぞかし苦しいことでしょう。
それでも、あのお花畑に巡り合えるなら、なんのその、ですよね。
昨年は6月23日に行きました。そのころが見ごろのようですね。
今年もまた行けたらいいんですが・・・。
けいこ|2014年06月06日
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hinazakura621.blog.fc2.com/tb.php/213-c16076a7

プロフィール

けいこ

Author:けいこ
since 2012.10

登りはまるでカメ
それでもいつかは山頂へ

最近の楽しみは 
ピアノの練習(2009.7~)

群響を応援しています


HP ちいさな輝き



リンク

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

お客さま 2014.2.12~