けいこの雑記帳

花や鳥 そして人との出会いに 心ときめきたい 

黒斑山~蛇骨岳

20_20140606071125dab.jpg

黒斑山から蛇骨岳に向かう山道で、すぐそこにホシガラスが。
思わず、そっと身をかがめ、ホシガラスに気づかれないようカメラを向けました。
こんなに近くで見られたのは何てラッキーなことでしょう。



歩き始めてまもなく、いつもの場所でいつものように咲いていたイワカガミにツガザクラ。
一年振りの再会です。



01_20140606071258f50.jpg
イワカガミ



02_20140606071300c60.jpg
ツガザクラ





03_20140606071302bf1.jpg
アズマシャクナゲ



04_20140606071303354.jpg
ミネザクラ

あれ、露がついている・・・。
葉っぱの先から幾つも幾つもついています。
しかし他の木にはありません。この木にだけです。




05_20140606071304595.jpg
さわってみるとベトベトしています。なめてみたいちじんさんは、「甘くないな・・・」
いったいこれは何?
そんな疑問に答えてくれたのは、ネット仲間のむじなさん
桜の葉にある蜜腺から分泌されている粘液だそうです。





07_20140606071333cd5.jpg
メボソムシクイ

声のする方を探すと、梢のてっぺんで囀っていました。
他にもルリビタキやヒガラ、そしてカッコウ、ホトトギス、ジュウイの声が絶えまなく聞こえてきました。
まるで森の大合唱です。




11_201406060713354f8.jpg
ミネザクラ

これには粘液はついていません。




12_20140606071336879.jpg
駐車場を出るときは、ガスっていましたが、だんだん視界が効くようになりました。
これから登ってゆくトーミの頭も見えます。




13_20140606071337498.jpg
ハクサンイチゲ




14_20140606071339d84.jpg
フデリンドウ




15_20140606071407a6a.jpg
もうすぐ、トーミの頭です。





15-2.jpg
キバナノコマノツメ

以前はもっとたくさん咲いていたのに、今ではこの場所に、それも一株しか見当たりません。




16_2014060607141039a.jpg
トーミの頭から黒斑山はもうすぐです。




17_20140606071411f82.jpg
ウグイスがしきりに鳴いていました。
至近距離なのに、逃げる気配はありません。




18_201406060714122a2.jpg
黒斑山到着





19_20140606071440596.jpg
どこまで歩けるか予定は未定でしたが、もう少し歩けそうです。
蛇骨岳まで行くことにしました。




20_20140606071441582.jpg
ホシガラス

足を延ばして良かったです。こんなに近くにホシガラスを見られたのですもの。





21_201406060714425ec.jpg
少し先に飛び移りました。




22_2014060607144418b.jpg
ビンズイ

ホシガラスを見ていると、ビンズイがしきりに鳴いています。
声の主を探すと、遠くの木のてっぺんで囀っていました。
ズームを思い切りきかせて・・・





23_20140606071445a9e.jpg
ミネズオウ

一面に咲いているこの花に出会うと嬉しくなります。



24_20140606071514f3d.jpg
ミネズオウ
ちょっとアップで・・・




25_201406060715153a4.jpg
蛇骨岳到着

お昼には早いので、もう少し先まで行ってみることに。
その方が眺めも良いし。




26_20140606071517f01.jpg
ガスが沸き上がってきては浅間山をすっぽり隠してしまいます。



27_20140606071518e9f.jpg
ミネズオウ
高山に似会う花です。

このままJバンドまで行けそうな気になりました。
そして、草すべりを登って一周できそうな気分にも。
しかしそれは錯覚というもの。
今の私にはそんな体力はありません。

昔(2年前)は昔・・・。




28_20140606071519aa9.jpg
とても疲れていたのでしょう。
久しぶりにお昼ねタイムを取りました。
目覚めると、頭はスッキリ! 気分最高です。


さあ、戻りましょう。


29_2014060607154995c.jpg
蛇骨岳附近




30_20140606071550f22.jpg
黒斑山山頂
浅間山の姿も行きのときとは違った顔をしています。




31_20140606071551db1.jpg
どうやら、明日は雨のようです。


関連記事
スポンサーサイト

コメント

けいこさん、こんにちは(^_-)
FBでも拝見しましたが、このホシガラスとの出逢いは羨ましいです。
綺麗な羽の点々が、とってもはっきりと見え、ホシガラスの名前の由来が納得です。
首を傾げた仕草も可愛いですね。めったにないシャッターチャンスをしっかりゲットして素晴らしいです。

蛇骨岳まで、頑張られたのですね。山頂でのお昼寝タイムは、気持ち良さそうです。わたしはまだ未経験です(笑)

Jバンド、草すべり、名前だけで知っているだけですが、憧れます。

週末は、お天気そうですね!!スミレたちとの最後の逢瀬を楽しんできてくださいね(^_-)

sizuku|2014年06月10日
sizukuさんへ
このホシガラスが目の前にいるのを見つけたときのドキドキは何とも言えませんね。
いつもこんなに簡単に鳥の写真が撮れればいいんですが・・・。
今週末の観察会は少人数で、そのうえ先生がたくさんいて、いっぱいお勉強してきますね。

けいこ|2014年06月11日
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hinazakura621.blog.fc2.com/tb.php/214-da71a4e5

プロフィール

けいこ

Author:けいこ
since 2012.10

登りはまるでカメ
それでもいつかは山頂へ

最近の楽しみは 
ピアノの練習(2009.7~)

群響を応援しています


HP ちいさな輝き



リンク

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

お客さま 2014.2.12~