けいこの雑記帳

花や鳥 そして人との出会いに 心ときめきたい 

出た!オーロラ  ホワイトホースにて 2015.8.25

_DSC9701.jpg
上村知弘さん撮影

カナダ、ユーコン準州、ホワイトホースの郊外にて





IMG_6333.jpg

8月25日、成田発17:30のエアカナダでバンクーバーに到着したのは10:15
そしてバンクーバー発11:40の国内線でホワイトホースへ向かいました。







IMG_6337.jpg

だんだん雪山が目立ってきます。





IMG_6339.jpg

どこの何と言う湖か???






IMG_6344.jpg

氷河も見えてきました。

エアチケットを購入するとき、いつも迷うのが座席です。
今回、右側が眺めが良い!と予想したのが大当たり。
もしかして左側も見えたかも知れませんが・・・





IMG_6353.jpg

ホワイトホース到着
午後2時です。
これからおよそ2週間、どんな出会いがあるのはワクワクする一瞬です。





IMG_6354.jpg

空港には上村知弘さん、タミーさんご夫妻がお迎えしてくれました。
これから6泊7日の旅の案内人です。

そして、旅の友となる4名にもここで初顔合わせです。
上村さんのお母さまF子さん、その友人のJ子さん、YS子さん、
そしてホワイトホースに3ヶ月の予定で滞在しているYR子さん。

まだこのとき、車はきれいでした。(途中は泥だらけに・・・)


ホワイトホースのホテルに着き、夕食までは少し時間がありましたが、ベッドの上でゴロゴロ。
他の人たちに後で聞いた話では、町のメインストリートの辺りをブラブラしていたとか。





IMG_6355.jpg

夕食はホテル近くのレストランへ歩いていきました。
タミーさんのお姉さんのお店だそうです。
まずは、ビールで乾杯!
初めて会った人たちと早くも意気投合です。





IMG_6358.jpg

私たちの旅の前半、一週間を共にする8名。
(真ん中のタミーさんのお姉さんは除きます)


今回、このツアーに参加できたのは必然と偶然が重なってです。

昨年9月、友人からカナダでオーロラを見てきた、と聞き驚きました。
前々からオーロラを見たいと思っていましたが、
寒がりの私はマイナス30度とかの世界に耐えられそうもありません。
ところが冬でなくとも見られると知り、行ってみたくなりました。

そこで、友人が行ったというイエローナイフのことをネットで調べてみました。
しかし、なかなか気に入ったサイトが見つかりません。
しばらくすると、ホワイトホースのオーロラ、というのがヒットするようになりました。
イエローナイフは知っているけれど、ホワイトホースっていったいどこ?

そうしているうちに、上村知弘さんのサイトに出会ったのです。
ありました、秋のツンドラ紅葉&オーロラツアー、というのが。

旅のハイライト: ツンドラ紅葉、オーロラ鑑賞+撮影、野生動物鑑賞、
テュームストーンの絶景山岳地帯、原野にあるキャンプ場での宿泊、
ツンドラ・ハイキング、ドーソン、ゴールドラッシュの歴史、ホワイトホース探索。


オーロラが見られて、ハイキングもできるなんて・・・
そして、ご夫婦のプロフィールを見て、この人たちと一緒に旅をしたい、と思ったのです。

しかし、私たちが参加したいと思ったツアーは日本の旅行会社のツアーに
現地ガイドさんとして上村さんとタミーさんがお世話するというものでした。
私たちはあくまでも現地出発のツアーを探していたので、上村さんにお世話になるのは諦めました。
しかしユーコンに行きたい、という気持ちはますます強くなりました。

そこでいちじんさんと何とか二人で2週間ほどユーコンに行く予定を立て始めました。
大まかに、前半はテュームストーン州立公園、後半はクルアニ国立公園を廻ろう、と。
しかし、分からないことだらけです。

そんなとき、上村さんから、なんでも分からないことがあったらお問合せください、とメールがありました。

調べていくうちに、テュームストーンに行くのは大変だということが分かってきました。
そこにロッジとかはなくテント泊でないと滞在できません。
それにテン泊もしてみたいと思っていました。

そうするうちに、上村さんから思いがけないメールがありました。
上村さんのお母さんたち4名がやってきて、同じコースを案内するので一緒にどうか、というものでした。
願ってもないお話で、このプライベートツアーに参加させてもらうことになったのです。





IMG_6359.jpg




IMG_6360.jpg





IMG_6363.jpg






IMG_6365.jpg






IMG_6366.jpg




いろいろなお料理やデザートをシェアしていただきました。
どれも美味しかったです。


食事を終えてホテルに戻りました。まだまだ明るいです。
11時になったら再びホテルのロビーに集合し、オーロラ鑑賞に出かけました。



ホワイトホースの町から暗い山道を登って行くとフィッシュレイクに出ます。
この湖にオーロラが映ると美しいそうです。





IMG_6406.jpg

湖について間もなく、オーロラが現れました。
上村さんが三脚のことカメラのことなど説明する間もなくです。
「いつ消えてしまうか分からないので、カメラの準備をするのを止めて、肉眼でよく見てください」
と言いました。

それほど、見られるチャンスは少ないのでしょう。
ところがオーロラは湖の周りに次々と現れては消えていきました。


全員、オーロラを見られるとほっと一息。
次は個人個人のカメラを撮影するのに最適な方法を教えてくれました。
私のコンパクトデジカメではオーロラの撮影には不向きです。
何しろシャッタースピードを15秒とかに帰ると、ISOが80に固定されてしまうのです。

それでも上村さんの三脚をお借りして撮ってみました。
何枚撮っても、結果は同じです。
ミラーレスを持っていた人は上村さんの指導できれいに撮れています。
うらやましくなりました。
やっぱり、自分のカメラで撮ってみたいです。
それでもオーロラを何度も見られたので、良しとしましょう。






_DSC9698.jpg
上村さん撮影


町に帰る途中、ポイントがあるのでそこへ寄ってみることに。
車から降りると、さっきまでのオーロラとは違って色が鮮やかです。
動きも大きくて、迫力があります。

ミラーレスカメラを持っている彼女に頼んでみました。
私のSDカードを入れさせてもらって、撮ってみたいと。
するとそばでその会話を聞いていた上村さんが、
「それなら、私のカメラで撮ってあげましょう」と言ってくれました。

それはもううれしくなりました。






_DSC9701.jpg
上村さん撮影





_DSC9702.jpg
上村さん撮影




ホワイトホースに着いたばかりの日に、オーロラを見られました。
それはとてもラッキーなことなのでしょう。
あとは紅葉のツンドラ地帯をハイキングできたらいいのですが・・・

明日もう一日ホワイトホースに滞在し、次の日、北緯60度地帯のテュームストーンへ向かいます。





関連記事
スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
-|2016年08月15日
Re: 急遽ユーコンへ行くことになりました。
がるしあさん、はじめまして。
メールで返信しようとしたのですが、うまくリンクできないので、アドレスをもう一度教えてもらえますか。
けいこ|2016年08月16日
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hinazakura621.blog.fc2.com/tb.php/370-6678b66e

プロフィール

けいこ

Author:けいこ
since 2012.10

登りはまるでカメ
それでもいつかは山頂へ

最近の楽しみは 
ピアノの練習(2009.7~)

群響を応援しています


HP ちいさな輝き



リンク

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

お客さま 2014.2.12~