けいこの雑記帳

花や鳥 そして人との出会いに 心ときめきたい 

ヒレンジャク

renjyaku.jpg



赤城山・長七郎に登ろう、と朝9時ごろ家を出発。
途中、鳥見のポイント・さくらの広場に寄ってみることに。
鳥居の辺りを過ぎると、赤城山は雲に覆われてきました。
山に登れるだろうか。

さくらの広場に着くと、雪が舞ってきました。
ここでのお目当てはレンジャク。
小雪の中、ヤドリギの前で数人の人がカメラを向けています。
どうやらいそうです。
近付くと知人のSさんがいるではありませんか。
スコットランドから一人で鳥見にきているJさんを案内していたのです。
雪が降り出す前はヒレンジャクが見られと言っていました。

雪がどんどん降ってきて、sさんたちは引き揚げそうです。
このままここで粘ってもこの雪の中ではレンジャクを見られそうもありません。
山登りもできそうにありません。
Sさんたちについて行くことにしました。

スコットランド人のJさんのお目当ては、このヒレンジャク。
黄はたくさんいるのに、赤は珍しいそうです。
そして次はミコアイサのいるところへ車を走らせます。

Jさんはヒヨドリにも大きなレンズを向けました。
同様にオナガガモ・ツグミなど、日本では普通に見られる鳥にも。
ところ変われば住む鳥たちも違うのです。

最後に行った公園で、ヒレンジャクが見らました。

yadorigi.jpg



関連記事
スポンサーサイト

コメント

ヒレンジャクが良く撮れてますね。
こちらの森でも3年ほど前でしょうか、ヒレンジャクと
キレンジャクの大群がやってきたことがあります。今で
も思い出すと興奮しますが、こちらでは滅多に見れませ
んから。
中之条のオオマシコ、今冬も来てますかね。
翼|2013年02月12日
翼さんへ
手のひらサイズのコンデジでも撮れたくらい、近くで見られました。
この公園へ来ればいつでも、という訳ではありません。
スコットランド人の熱い気持ちが伝わったようです。

中之条のエコフィールド、懐かしいですね。
オオマシコ、きっと来ていますよ。


けいこ|2013年02月13日
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hinazakura621.blog.fc2.com/tb.php/46-42db4ac9

プロフィール

けいこ

Author:けいこ
since 2012.10

登りはまるでカメ
それでもいつかは山頂へ

最近の楽しみは 
ピアノの練習(2009.7~)

群響を応援しています


HP ちいさな輝き



リンク

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

お客さま 2014.2.12~