けいこの雑記帳

花や鳥 そして人との出会いに 心ときめきたい 

北岳3193m 2日目

1-1926.jpg
北岳山頂
残念ながら、展望はありません。
それでもここまでやってこられ大満足でした。



10月7日 肩ノ小屋 → 北岳 → 八本歯のコル → 大樺沢二股 → 広河原


2-1913.jpg

夜、屋根を叩く雨の音でなかなか眠れませんでした。
2時ごろにはその音も止み、もしかして・・・

ところが、その予想は大外れでした。
雨から雪に変わっていたのです。

食事が済んで出発するころには小雨になってきました。
それでも雨は雨。
北岳山頂まで行く意味がわからず、このまま下山したくなりました。

しかし、いちじんさんの「せっかくここまで来たのだから・・・」
のひと言で、登ることに。




3-1915.jpg
ウラシマツツジも雪で寒そう。




4-1918.jpg





5-1919.jpg
ナナカマド






6.jpg
photo by いちじん




 

9-1924.jpg
あれが山頂かな?という期待は何度か外れ、ピークらしきものをいくつか過ぎてゆきした。
展望が効かなくても、初冬の雰囲気を味わえる山を歩けてワクワクしてきます。







7-1928.jpg
山頂で待っていてくれたのはユキダルマ。




8-1929.jpg
この雪だるまはライチョウをイメージして作ったとか・・・
そういえば、口ばしがそれらしい雰囲気です。




10-1931.jpg
ときどき薄日が差し、ガスが取れるのではと期待してしまいます。
しばらく待っていればチャンスがあるかもしれません。
ところが、待てば待つほど、歩みを止めた体はどんどん冷えていくばかり。
とうとう、諦らめて歩きだしました。





11-1933.jpg
歩いていると暖かくなりホッとします。




12-1935.jpg





18.jpg
photo by いちじん

こんな急なハシゴは後ろ向きで下りないと・・・






13-1940.jpg






14-1941.jpg





15-1944.jpg





16-1945.jpg




17-1950.jpg
大樺沢二俣までが何とも長いこと。






19-1956.jpg
そろそろ大樺沢二俣。
前日は、そこを右に折れ右俣コースを歩きました。
下りは左俣コースを取り、ぐるりと一周してきました。




20-1961.jpg





23-1963.jpg









22-1968.jpg




21-1967.jpg






24-1971.jpg
だんだんガスが取れ、青空が見えてきました。
今ごろ山頂に立っている人は、さぞ歓声を上げていることでしょう。





25-1972.jpg
広河原のバス停前。

まばらだった人も、北沢峠から来たバスが到着すると、
大勢が下りてきて賑やかになりました。
甲斐駒ケ岳や仙丈ヶ岳に登った人たちでしょう。
北岳から下ってきた人たちも、だんだん増えていきます。

広河原からは甲府行き、芦安温泉行き、奈良田温泉行きのバスが出てきます。
私たちは芦安行きを待ちました。




関連記事
スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
-|2012年10月10日
Re: 楽しかった!!
○○さん、こんばんは。
北岳肩ノ小屋ではいろいろな人と出会え、心に残る山旅となりました。
○○さんファミリーは暖かな雰囲気を持っていて、お話するのがとても楽しかったです。
群馬の山に来られることがあったら、ぜに高崎にもお寄りください。
きっと話が弾みますよね。
そんな日がくることを願っています。

けいこ|2012年10月10日
素晴らしい~♪
けいこさん、こんばんは(*^_^*)
ブログお引越しですね。また、素敵なブログを綴って行ってくださいね。
ついに、北岳ですか~(*^_^*)v
いちじんさんとの二人三脚の山行は、どんどん、レベルアップされてますね。
素晴らしいです。ヽ(^。^)ノ
北岳の紅葉は、本当にクリアで綺麗な色ですね~♪
そして、二日目はなんと雪の朝でしたか。
もう、山は冬が近づいているんですね。
お写真もレポも楽しませていただきました。
わたしも、けいこさんに続けたらいいなぁなんて、憧れてます。
次の山行は、ネパールですか?(^o^)/
sizuku|2012年10月11日
sizukuさん、こんばんは。
「風立ちぬ」が素敵なブログなので、
それと同じものを、と思い引っ越ししました。
足跡は残していないけど、いつも楽しませてもらっています。
安曇野さんとの山歩き、何だか新鮮ですね。

北岳では思いがけない紅葉に出会えて嬉しかったです。
本当は涸沢に行きたかったのですが、混雑が凄そうで諦めました。
ひとつ山を登ると、そこから見えた山にまた登りたくなるものですね。


けいこ|2012年10月12日
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hinazakura621.blog.fc2.com/tb.php/5-eea81716

プロフィール

けいこ

Author:けいこ
since 2012.10

登りはまるでカメ
それでもいつかは山頂へ

最近の楽しみは 
ピアノの練習(2009.7~)

群響を応援しています


HP ちいさな輝き



リンク

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

お客さま 2014.2.12~