けいこの雑記帳

花や鳥 そして人との出会いに 心ときめきたい 

フルート2本とピアノの調べ 2017.6.10

17952603_907725706036872_4128169464531258325_n.jpg

フルートの小林渉さんは、オペラ道化師の合唱を一緒に練習している方です。
まさかプロのフルーティストとは知りませんでした。

一部はクラシックです。
一曲目はF.クーラウ作曲の「トリオ」
演奏が始まったとたん、フルートの音色にグングン弾きこまれていきました。
なんて心地よいの♪
次はシューベルトの「アルペジオーネ・ソナタ」
まず、小林さんの解説がありました。
「ピアノだと簡単に和音を弾けるけれど、
フルートは一度に一音しか出ないので和音を作れない。
それでもアルペジオを早く吹いて、和音のようなイメージを作る」
そんなようなことだったと思います。
二曲とも知らない曲です。なのに心が躍りました。
リラックスした空間が広がり、自然と体が揺れてきました。
次はオペラ魔笛から三曲。
みんな知っている曲です。
「私は鳥刺し」パパゲーノの歌声が聞こえてきそうでした。
一部の最後はドップラー作曲のリゴレット・ファンタジー
もう一人のフルート奏者は鶴淵千景さん。
小林さんの先輩だそうです。
トップラーは二人とも大好きな作曲家だと言っていました。

二部はミュージカルや映画音楽からの曲集です。
それぞれの物語の説明もあり、そのお話がとても分かり易くて楽しめました。

ピアニスト、田中悠一朗さんの演奏を聞くのは二度目です。
先日、知り合いのオカリナコンサートの伴奏をされていました。
そのとき、素晴らしい音色を奏でる人だなぁ~、と感動。
今日もきれいな音を楽しめました。







関連記事
スポンサーサイト

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hinazakura621.blog.fc2.com/tb.php/590-17afede7

プロフィール

けいこ

Author:けいこ
since 2012.10

登りはまるでカメ
それでもいつかは山頂へ

最近の楽しみは 
ピアノの練習(2009.7~)

群響を応援しています


HP ちいさな輝き



リンク

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

お客さま 2014.2.12~