けいこの雑記帳

花や鳥 そして人との出会いに 心ときめきたい 

ドロミテハイキング サッソルンゴ 2017.7.2

IMG_8809.jpg 

いよいよハイキング一日目。
宿近くのバス停から セッラ峠(Passo Sella)までバスで行き、サッソルンゴ(Sassolungo)に登るゴンドラに乗ってただ展望を楽しむ予定でした。ところが・・・

朝、目覚めるといちじんさんが「いいコースがあるよ」と言いました。
インフォメーションセンターでもらってきた地図を夜遅くまで見ながら検討したのでしょう。
セッラ峠までバスで行かず宿のすぐ前のゴンドラに乗って、そこから歩くコースです。
そのうえゴンドラの頂上駅から裏側に降りるコースを下りたそうです。
しかし私は危ないところを歩くようでその気にはなれませんでした。




日本ではドロミテ地方の情報が少ないので現地で収集するしかなかったのです。
一番参考になった地図にはコースごとに番号があり、そこをたどれば目的地につきます。

IMG_8630.jpg




私もそのコースで納得。
そうと決まれば、まずは朝ごはん。
窓辺の部屋でおいしくいただきました。
すぐ傍にゴンドラの駅があり、もう動き始めているのが見えます。

IMG_8632.jpg





ゴンドラの駅で3日間乗り放題のゴンドラ&リフトのチケットを買いました。
一枚65€です。
ふもとの町Selva di Val Gardena(標高1537m)から一気に頂上駅Ciampinoi(標高2254m)まで上りました。気温は6℃。急に寒くなりました。
宿近くのバス停はCiampinoi。ここから名前をつけたのでしょう。

IMG_8635.jpg   




ゴンドラ駅を出るとこんな景色が待っていました。

IMG_8636.jpg 





雲ってはいても気分爽快!
IMG_8638.jpg 





21A を歩いて行けばセッラ峠(Passo Sella)まで行けます。

IMG_8639.jpg 





歩き始めると花・花・花・・・

IMG_8640.jpg 






IMG_8644.jpg 






IMG_8648.jpg 






IMG_8649.jpg 




ゆっくり歩いているので、どんどん追い越されていきます。

IMG_8652.jpg 







IMG_8659.jpg 






IMG_8673.jpg 






IMG_8675.jpg 






IMG_8679.jpg 




分かれ道には必ず標識があります。
セッラ峠(Passo Sella)は真っすぐです。

IMG_8682.jpg 






IMG_8683.jpg 






IMG_8686.jpg 




山小屋が見えてきました。

IMG_8697.jpg 




まだ早い時間なので人は誰もいません。
早いといっても10時過ぎですが。

IMG_8702.jpg



トイレを使わせてもらいました。
山の中とは思えないほどオシャレです。

IMG_8699.jpg







IMG_8722.jpg 







IMG_8723.jpg 




IMG_8734.jpg 






IMG_8753.jpg 






IMG_8767.jpg 







IMG_8769.jpg 




チョウノスケソウみたいな花。
日本でも高山に咲いていて滅多に見られません。

IMG_8777.jpg 




右の山がサッソルンゴ(Sassolungo)でしょうか?
ゆっくり歩いていると、同宿しているバンコクの若いカップルがやってきました。
彼女のほうは岩だらけの道を歩くのが苦手そうです。
タイでハイキングをしているのか尋ねると、
タイには山がないのでスイスとか外国に行ったことがあるということです。
いちじんさんは鳥を、私は花を撮りながら歩いているので、すぐに彼らに追い越されました。

IMG_8785.jpg 




このエーデルワイスを見つけたのはいちじんさん。

IMG_8788.jpg 






ゴンドラが見えてきました。

IMG_8807.jpg 




サッソルンゴ(Sassolungo)のゴンドラ駅に到着。 

IMG_8808.jpg 




このゴンドラは二人用。それも立って乗るのです。
ネットで情報を収集していると、このゴンドラの写真をよく見かけました。
どんなとこだろう、どんなゴンドラだろう・・・、と好奇心が湧き、ただこのゴンドラに乗ってみたいと思ってやってきました。

IMG_8809.jpg 



頂上駅に到着。
険しい岩山がそびえ、そこに一人で登っている人がいました。

IMG_8817.jpg 




ゴンドラで登ってきた反対側を降りるコースはどんなところなの? 
地図を見ると525のコースで、黒の線が惹かれdifficult excursionsです。
エクスカーションとは小旅行。ハイキングコースにも使うようです。

IMG_8818.jpg 





私は全然、このコースを歩くつもりはありませんでした。
ところがこの先はどんな景色が待っているの?と興味を持ちました。
雪の上を慎重に少し歩いてゆくと、バンコクのカップルに会いました。
私は驚いてここを下っていくのか聞くと、勿論だと言います。
素晴らしいコースなのであなたたちもせひここを下るといいですよ・・・、と。
岩場を怖がっているように見えた彼女も下っていけるんだ・・・。
私も行ってみたくなりました。

IMG_8826.jpg 






残雪はほんのちょっとだけ。ゆっくり慎重に降りれば問題ありません。
しかし結構急なガレ場を下るのは緊張感が走ります。
やっと写真を撮れたのは傾斜が緩やかになってからです。

IMG_8842.jpg 







IMG_8834.jpg 






振り返ると岩が降りかかってくるようです。

IMG_8847.jpg 






IMG_8848.jpg 





IMG_8855.jpg







先を行くいちじんさんは、どんどん下っていきます。

IMG_8856.jpg  





標高2,253mにある Rif. Vicenza という山小屋が見えてきました。

IMG_8861.jpg 






IMG_8863.jpg 







IMG_8867.jpg 





晴れていれば暖かいのでしょうが、今日は寒くて野菜スープ。

IMG_8869.jpg 







IMG_8871.jpg 








IMG_8877.jpg 





525から526へ分かれます。


IMG_8880.jpg 






526のコースを行きます。

IMG_8881.jpg 






526Bに分かれます。526をそのまま行くと朝登ってきたゴンドラの駅に行けます。
526Bはリフトに乗って滞在している宿とは違う町に降ります。

IMG_8896.jpg






IMG_8900.jpg  







IMG_8907.jpg




もうすぐリフト乗り場です。

IMG_8910.jpg  






IMG_8923.jpg 




たくさん歩いたのでちょっと疲れぎみ。リフトに座ると寛げます。

IMG_8926.jpg 







IMG_8929.jpg 





もう一つリフトに乗り継ぎます。
3日間のフリーパス券を買ってあったので手間いらずです。

IMG_8933.jpg 






IMG_8939.jpg 




ガルデナ谷のサン・クリスティーナS.Cristinaの町に着きました。
ここからセルバまでバスで10分くらいですが、待てどもやってきません。
1時間ほど待ってやっと乗れました。

IMG_8941.jpg 





セルバの宿に戻り夕食。
とても混んでいるレストランで相席ならすぐ食べられそうです。
たまたま日本人のカップルだったので話が弾み楽しかったです。

IMG_8946.jpg 





食事が終わり外に出てもまだ明るいです。

IMG_8949.jpg 





昨日とは違う道を歩いて帰りました。

IMG_8955.jpg 


さあ、明日はどこへ行きましょう。
予定だとバスでオルティセイまで行きシウジを歩きます。



関連記事
スポンサーサイト

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hinazakura621.blog.fc2.com/tb.php/606-7024d476

プロフィール

けいこ

Author:けいこ
since 2012.10

登りはまるでカメ
それでもいつかは山頂へ

最近の楽しみは 
ピアノの練習(2009.7~)

群響を応援しています


HP ちいさな輝き



リンク

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

お客さま 2014.2.12~